FC2ブログ

質素倹約

我が家は今ではひどい貧乏ではないが、間違いなく金持ちではない。
ありがたいことに康太と真子もそこはわきまえていて、質素に生活している。
真子は学食の「1日500円」というミールチケットを1年分母に買ってもらい、
それだけで朝食と昼食を済ませている。
何を食っているのか、30円でも余るとご飯を買って晩御飯に食べたりしている。
アパートを借りているのを申し訳なく思っているようで、
体調が良くなるにつれて週2回「高級居酒屋」でアルバイトし、
身の回りのものは自分で買えるようにしている。
その居酒屋だが、食材を自由に持って帰れる。
パックをもっていって、ご飯や野菜、魚も肉ももらって帰って1週間の晩御飯だ。
だから実質1日の食費は500円のミールチケットだけになっている。
だからたまに模擬試験監督のバイトをすると、1日1万円ほどになるから、
「たまには」と、安いワインやチーズを買ってきて楽しんでいる。
康太はなるべく自活しようと院へ入った4月から支援金をもらっていた。
私も知らなかったのだが、一ヶ月8万5千円ほどだ。
「そんな大金、どうやって返すつもりだ?2年で200万円ほどにもなるぞ」
そこは康太も考えていて、その支援金は利子はつかない。
さらに2年間の成績や論文によって「半額だけ返せ」とか、「全額免除」にもなる。
康太が研究や学会の論文で超多忙なのは、きっと「全額免除」を狙っているからだ。
その支援金をもらうことで4万5千円のアパート代を支払い、
残り3万円で一ヶ月の生活をしている。1日1000円の生活費だ。
バイトをする暇はないからかなりきつい生活だと思うが、
文句も言わず、当たり前のように研究生活を送っている。
おかげで我が家は破産せずにすんでいて、すでに親孝行はしてもらっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR