FC2ブログ

年の初めに  楽しさ

一年のケイは元旦にありとか・・・
数学を学ぶ楽しさってどういうものだろう?
「楽しく数学を学ばせてやってください」 子供を連れてくる親はそういう。
もちろんずっとそう心がけてはきたが、一部の親や生徒が思う楽しさと、
私が思う楽しさにはかなりの違いがある。
私は数学の本質自体が楽しいと思っているが、幼い子供にそれをすぐにわかれというのは無理がある。
それが頭だけでなく身体全体でわかるためには細かな作業がいる。
話の聞き方、目線の置き方、メモの取り方、数式の触り方、日々の過ごし方・・・
とても書ききれない。それらすべてを、なるべく生徒に負担をきつくせず
一つ一つ組み上げていかなくてはならない。それが学ぶという作業だと思ってきた。
ところが一部の生徒はそれを楽しいとは思っていない。
自分の好きなこと、携帯ゲームであったり、漫画であったり、に没頭し、
週1回2時間だけ「我慢して」数学とやらをやり、高得点を取って親を黙らせ、
その延長で有名校に合格するのが楽しさだと思っている。実際に知り合いの息子は
「最小努力、最大報酬、が賢さだし、楽しさだ」と言うらしい。
私にはそれが楽しいとも思われないし、その延長には犯罪と破滅があるとしか思えない。
なんとしても目の前の生徒をそうさせてはならないと、強く思う。
土曜の卓球練習で中2の生徒に3ヶ月、一番きついフットワークばかりをやらせてきた。
最初は何もわからず、言われるままにやっていただけだが、
どこかで今までよりも速く動ける自分、より強く打てる自分に気が付いた。
積極的にフットワークをやるようになり、1セットを終えるとゼイゼイと息をしながらも、
「楽しいな、卓球って本当に楽しい」と言った。
私はそういう生徒を育てたいと思い続けている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あけましておめでとうございます

> 今年もよろしくお願いいたします。
> 年末から実家でゴロゴロしてます。
> また、先生のとこにも遊びに行きますね!

へ?昨日の新年会に呼べばよかったなあ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR