FC2ブログ

香りの爆弾 再び

金曜の夜家に帰ってみると、珍しく康太と真子がそろって帰っていた。
康太は論文、真子は基礎勉強に忙しく、なかなかそろわないのだが・・・
「明日はお茶祭りやし」
そ、そうか!宇治のお茶祭りか!忘れていた、去年より少し遅いのかな?
去年真子は受験勉強で行けなかったんだ。悔しがってたなあ。
3人で初めて行ってお茶の概念をぶち壊されたんだ。
金曜の朝4人で京阪に乗り宇治駅へ。外では「水出し茶」をふるまってくれた。
お茶の甘さ・渋さ・香りが余さず出ていて素晴らしい!
暖かな日差しの中、風景を楽しみながら塔の島まで歩く。
去年は通園さんの前でチケットを売っていたが、今年は島で売っている。
100円が6枚つづりで500円。100円のお得。8枚買った。
島では9つの地域のテントでかぶせ茶・煎茶・抹茶・玉露を出している。
抹茶と玉露は200円で、かぶせ茶・煎茶は100円だ。
宇治市・城陽市・宇治田原・わつかなどお茶の有名どころに、中越地区があった。
それどこ?綾部や福知山あたりのことらしい。目立たないがしっかりお茶も作っている。
どのテントでもじっくりとお茶を入れてくれる。その間にお茶の話を色々してくれる。
すでに「お茶席」だ。すごく楽しい。
しかもどのテントでも「地域ナンバー1」のお茶を出している。
煎茶は100円だが、それよりも質の落ちるものを、店では360円で出している。
どれほどお得かがわかるだろう。どれも素晴らしいが、今年は宇治市が一番よかった。
抹茶もダントツでおいしかったし、玉露は相変わらず口の中で香りが爆発した。
もう・・・なんだかね・・・魂を抜かれるようなおいしさだ。
真子がフランス人のおばさんと英語でおしゃべりをしていた。
お茶祭りを知らずに大吉山を散策してきて、降りてきたらやっていてびっくりしたらしい。
そう、たくさんの人が来てはいたが、この素晴らしさの割には少なかった。
もっと宣伝しないといけないね。もう、家で飲むお茶じゃあないもの。
それぞれのテントではハンコを紙に押してくれ、9つ全部押してもらうと景品までくれる。
私たちは2枚に全部押してもらい、急須と湯呑セットを2つもらった。
へえ~チケット代と同じくらいの値段はするんじゃあないの?
もう、のど元まで素晴らしいお茶を堪能し、いいお土産までもらって、
こんなに素晴らしい祭りはなかった。他府県や外国からももっと来るべき祭りだった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR