FC2ブログ

面影

昨日は昼ごはんのあと甘いものが食べたくなって満月堂に立ち寄ると、
モトイの両親とバッタリ。ミヤとは30年来の卓球仲間だ。
モトイは中学・高校と卓球部の後輩で、先月康太が学会で神戸に行ったとき、
モトイのアパートに泊めてもらった。ヨーロッパ旅行の話などいろいろ聞いて、
「康太先輩、お父さんにそっくりになってきた」と両親に言うらしい。
モトイは6年間うちの生徒であり、卓球でも小学生のころから知っている。
康太の顔立ちや体形は私とは似ていないと思っていたが、
「歩き方、話し方がそっくり」だという。雰囲気というか、面影が似てきたのかもしれない。
確かに・・・私がたまに生徒の親に会っても、感じるのはそれだ。
顔は似ていなくても、しぐさ・笑い方など、やはり雰囲気が似ている。
中にはカンナみたいに、体育館へ入ってくると母親と区別がつかない、なんてのもいるけど。
生まれてからずっと一緒にいるのだから、そりゃあどこか似てくるだろう。
生徒はどの子も、見事なほどに家庭の雰囲気を引きずって教室にやってきますよ。
中2クラスなんてにぎやかで、それでいて礼儀をわきまえる子が多い。
『ああ、家庭がこんな雰囲気なんだろうなあ、楽しいんだろうなあ』
そう思えてとてもやりやすい。
そういうものは後天的にも修正できますよ。
私みたいに馬鹿でいい加減で、どうしようもなく下らない人間でも、
生徒に鍛えられることでずいぶん修正され、今の雰囲気になったから。
家庭だけでなく、6年もうちにいれば、生徒は教室の雰囲気も引きずるのかもしれない。
「いい面影」を引きずってもらえるよう、これからも注意しよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR