FC2ブログ

頑固おやじ

毎日毎日ガミガミと説教ばかりだ。さすがに自分でも嫌になってくるねえ。
うんざりしながら帰る夜道で思い出すのは、昔のテレビドラマだ。
三上博史が頑固なマエストロで、中学生に音楽指導をする。
「お前!バイオリンの弓は直角に当てろと、何度言ったらわかる!」
怒鳴りつけてばかりだが、音楽だとこれ、虐待とは言われないね。
勉強とスポーツだけはパワハラだとか虐待だといわれる。同じなのにね。
私は30年以上も子供とともに歩かせてもらって、教師として育ててもらった。
一番育ったのは私だ。とても感謝している。それを・・・どうお返しすればいい?
育つということは、見えなかったものが見えてくるということだ。
今、弓を直角に当てる基本を身に付けさせておかないと、将来いい音は出ない。
そういうことがいくつも見えてくる。
中学や高校で勉強・・・学びが「完成」するということはあり得ない。
どこか「いい学校」へ入れば「完成」などと思われているが、その後は?
そこで終わりではないし、どの学校へ行くかは問題ではない。
それまでに基本をどこまで徹底するかが大切だし、高校までにはそれしかできない。
育ててもらって、以前は見えなかった「基本」がたくさん見える。
それを今いる生徒に身に付けさせることが、私にできる恩返しなのだろう。
「何度言ったらわかるんだ!」
私は私なりの集大成の時期を迎えている。
怒鳴ることにうんざりはするが、悔いはない。頑固おやじでいいと思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR