FC2ブログ

初物を食す

ゴーヤは雌花を受粉してから2~3週間で食べごろとされるが、じつはいつ食べても食べられる。
花の後ろに爪楊枝を太くしたほどの実がついているが、それでも食べられる。
けれどそれではおなかが膨れないから、ぎりぎりまで大きくしてから食べる。
ギリギリまで・・・注意しなくていけないのは、一晩で黄色く熟してしまうことだ。
そうなると苦味は全くなくなってしまう。苦味が苦手な人はそれをサラダで食べるというが、
苦味と同時にビタミン・ミネラルもなくなるらしい。私はそれが気に食わない。
味も好きなのだが、「栄養が桁違い」ということにも満足して食べるから。
今ぶら下がっている実は40本ほどで、早いもので2週間で、まだ食べるには物足りない。
しかし日曜には康太と真子が珍しくそろって帰っていた。
う~む、初物の味を見せてやるか・・・早めの2本を採ってチャンプルーにしよう。
ついでに伸びすぎた蔓の穂先を10センチ程摘芯し、それも食べよう。
穂先も葉っぱも実と同じ味がしておいしいんですよ。作っている人しか食べられない。
チャンプルーって「ごちゃまぜ」の意味らしく、具材は何でもいい。
今回はソーセージと卵で炒めてみた。早めの実は・・・柔らかく、ほのかな苦味がいい。
「う~ん、おいしい!」康太も真子も大好きだ。中学の頃から散々食べている。
何しろ夏の我が家の野菜はゴーヤと決まっているから。200本も採れるからね。
昔から「血をきれいにする」といわれ、確かに私の血糖値も正常値まで下がる。
あるおばあさんは庭中に育てて、採った実は巨大な冷蔵庫に入れ、1年中食べるという。
ビタミン・ミネラルが身体にいいのだろう。
忙しかった康太と真子も、今週金曜にそろって帰ってくる。
10本ほどがちょうど3週間ほどで、まさに食べごろだ。
今度は「味見」ではなく、たっぷりと食べることにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR