FC2ブログ

聞きしに勝る・・・

日曜の夕方に道を歩いていると、バッタリとアオトモと出くわした。
春から京都工芸繊維大学へ通っている。にんまりと笑って、
「今日も朝から今まで勉強してたんですけどね、いやあ~・・・難しいし、課題は多いし・・」
3回生のリョウからも聞いていたのだが、この大学は「学問大学」として頑張ろうとしている。
「は?大学だぞ、思い切り勉強するのは当たり前じゃないか?」
そういわんばかりに猛烈に課題を出す。
アオトモ・シンヤ・ミヤセには散々脅しておいたのだが、聞きしに勝るものがあったようだ。
1回生数学の登竜門であるテイラー展開。かつて私もこれで道を誤った。
「なんだこれ?わけわからんぞ。土木にこんな数学いらないだろ?
 日本の大学は入るときはきついけど、入ってしまえば楽に出られるんだろ?
 こんなの知らなくても酒はうまいし、パチンコは面白いし、楽にしてればいいんだろ?」
勝手に決め込んで遊んでいたら、卒業するのにえらい目にあった。
確かにテイラー展開自体はその道の専門でないと出てこないが、似たようなものがいくらも出てくる。
「大学の勉強とは、こういうことだぞ。理解だぞ」
そういうことを知らしめるためにあえてやらせるのだ。真子の阪大でも
「なにこれ?薬学と何か関係あるの?」という数学の課題に苦しめられている。
そこでくじけてはいけない!わかるまで読んで、やりこまなくてはならない!
まさにその姿勢づくりだ。1回生でそこを通過すれば、あとはそれほど理解に苦しむことはない。
私のようにそこを遊んでしまうと、どこかで3倍ほど勉強して取り戻すか、
ついに取り戻せず卒業をあきらめるかだ。
康太の先輩タカヒロは毎晩マクドで胃に穴があくまで勉強して取り戻した。
リョウは今まさにその作業中。取り戻すのにただでは済まないのだ。
私はいつも楽な道を指導している。1回生の今、その姿勢を作るのが一番楽なんだ。
「僕の機械科でもきついですけど、ミヤセの建築科は課題が多すぎて、
 家に帰れず、学校に泊まり込むやつらも多いそうです」
そ、それはすごいなあ。
「けれど、皆言いますよ。きついけど・・・大学は楽しいって。
 難しい勉強も、サークルも、大学生活自体が・・・僕もたまらなく楽しい」
アオトモは、無事通過しそうだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR