FC2ブログ

入試問題

高3は「試験慣れ」のために適当な日程をにらんで私立大を受けている。
昨日は何度目かの立命館大理工学部の入試。トモヒサが受けてきた。
問題を見ると、相変わらず文字を入れること「だけ」で難易度を上げている。
つまらん・・・大問が4問あって、トモヒサは
「一つだけ、最後の方で答えが汚くなった。あとは、文字を見間違ってなければ・・・」
ま、軽く合格してるわね。
ただし去年の連中と同じく、トモヒサも「手付」すら払わないだろうけれど。
昨日は京大の問題を二つ、神戸大・京都府立・京都工芸繊維大の問題を用意。
それぞれが好きな問題を2時間かけて解き、残りは解答と共に持って行き、
1週間かけて解いておく。それで数学の練習は十分だ。
2時間ひたすら解く。解答を見てほしければ私に見せる。
「見にくい!こんなんじゃあ採点してもらえない。こことここを書き直す!」
そういうこともあるが、たいていは解いているだけ。
それじゃあ1人でやっても同じかと言うと、まったくそうではない。
私がいると本番並みに集中力を上げなくてはならない。
そうやって緊張の糸を切らず、本番までペースを保つ。

もちろん私も一緒に問題を解いている。用意した大学の問題ではない。
それらはもう予習で目を通してあるし、私の解答も用意してある。
私が解いていたのは京教大附属高校の入試問題。最近の4年分をまだ解いてなかった。
解いてみるとやはり・・・去年と一昨年が極端に難しくなっている。
中学で習わないことも平気で出してくるし・・・
これは適性検査でも同じで、数・国・英ともに、この2年間が特別難しい。
附属や嵯峨野コスモスなど、去年の問題だと、合格者の平均が40点ほどではないかな?
そこまで難しくする意味があるのかね?
良い点を上げるとすれば、「パターン暗記」がしにくくなった、と言えるかもしれない。
数学でも英語でも国語でも、実力そのものを底上げしないと解きにくくなっている。
こりゃあ・・・進学塾は大変だねえ。元々パターン暗記しかさせてないし。
去年「進学塾組」が壊滅する中、うちのヒロコとユウキだけが嵯峨野に生き残ったのが納得できる。
こういう問題ほどうちの生徒の方が力を出しますよ。

私立高校入試はいよいよ明後日、10日。14日には公立の適性検査。
うちの子達が、負けるわけがない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR