FC2ブログ

第4シード

日曜日に卓球団体インターハイ2次予選が行われた。
ややこしいのだがこれは京都府中・南部のシードを決定するもので、
それにより6月の決定戦トーナメントのシードが決まる。
インターハイ代表は1校だけだが、近畿大会には数校が行けるので、できればシードを取りたい。
その初戦は難敵同志社高校。かなり強いが相手もマイコとカンナを警戒している。
トップは相手が外してきてマイコの勝ち。2番は相手エースにやられた。
3番は“勝負!”のダブルス。
相手も必死で1本ごとにすごく間を取って頑張るも、マイコ・カンナペアが押し切った。
勝負は4・5番で決まる。カンナは4番だが、先に5番が終わって、負け。
カンナが負ければ敗退だが、カンナの相手も「つぶ高」という特殊ラバーのいやらしい相手。
ほかのメンバーだと苦戦が予想されたが、カンナは中学時代から苦にしない。
きっちりつなぎ、豪快に打ち抜き完勝した。これで京都府ベスト4になった。
次は練習試合みたいなものだが、チャンピオン校の華頂女子。
勝敗にかかわらず、その日の試合はそれで終わり。シードは決定しているので消化試合だ。
そのせいか華頂はレギュラーでもない選手を二人も出してきた。なめられたね。
しかし・・・その準レギュラーにエースのマイコが2-0から逆転負け。つらいねえ。
2番はジュンが相手エースと当たった。ジュンの調子がすごくいい。
相手強打を何本も跳ね返し、ミスも少なく、0-3ではあったがどのセットもぎりぎりになった。
次のダブルスも華頂はレギュラーダブルスではなかった。これもいい試合になったが0-3で敗退。
負けはしたが、それほど力の差はなかった。練習量の差だけか。
しかしその差が大きく、カンナやジュンはあくまで「勉強第一」で、卓球だけとはいかない。
その差で負かされるのはかわいそうになるが、二人とも腹は決まっている。
週2回大声で「こんにちは~!」と楽しげにやってきて、たくさんおしゃべりし、懸命に勉強する。
こういう子らは「知力」でスポーツの勝負をする。
少ない練習時間にどのように集中し、どういう練習をするのか。
それを常に考え日々を過ごすことは、少なからず卓球の実力も上げるだろう。
それで京都府ベスト4で近畿大会にも行ければ十分ではないか。誰もが経験できることではない。
こういう子たちと卓球や数学をするのが私は大好きだ。
近畿大会で十分だが来年は、本気で団体インターハイを狙っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR