FC2ブログ

部屋が広くなった?

真子が豊中のアパートで暮らすようになって2週間。ようやくその変化に気づいた。
授業を終えて家に帰ると、玄関に靴がない。
我が家の玄関は狭くて、女房は片づけるのが下手で、「何十人家族だ?」というくらい靴があって、
私の靴の脱ぎ場がなかったものだが、今は女房の靴2足しかない。
居間に入ると以前は康太か真子がテレビを見ていたものだが、今は私がつける。
ニュースを見ながら遅い晩御飯。女房とも話すが、明らかに会話量は少ない。
話す回数や量は同じでも、頭数がいないからね。
康太も真子も子供のころから「その日の出来事」を話す習慣があったのだが、それがいない。
狭い居間だから4人でいるとギュウギュウ詰めだったのに、女房と二人だとやけに広い。
以前から私が康太や真子と顔を合わすのは夜しかなかったんだね。
土・日といえど朝は家族が寝ているうちに教室へ出かけてくるし、昼ご飯を食べの帰るけど、
二人は学校へ行っていないし。ま、夜でも勉強してたら顔は合わさないけれど。
友人に「寂しくなるねえ」と言われてもピンと来なかったのだが、
ふ~む、「部屋が広くなる」というのが寂しさなのかな?
私は毎日教室で何十人もの息子や娘と顔を合わすから、よくわからなかった。
ま、これが「子供が巣立っていく」ということなんだろう。
真子は課題に追われ、康太も院でそれまでになく勉強させられているという。
私は院へは行ってないから知らなかったけど、学部生以上に課題も勉強も多いみたい。
なるほど、だから企業も「院卒以上」というところがあるんだ。
私も毎日仕事だけど、女房はすることがあるのかな?暇なんじゃあないのかな?
「退屈だったらアルバイト看護師とか、趣味とか、好きなことをやっていいぞ」
「教室の帳簿整理をやってるから十分忙しい」
帳簿くらいで?・・・そうか、女房はゴロゴロするのが好きだった。退屈が好きなんだよね。
そこはいらぬ心配をしたようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR