FC2ブログ

出だしはお話を

中学・高校の数学はどの学年も計算の基礎理論・演算演習から入る。
数字や式の取り扱いをやってから、その後の単元でその演算の確認・復習をやるようになっている。
うまくできているもので、新たな理論の中で何度も基礎理論を繰り返すのだ。
では「どうせ繰り返すのだから」出だしはざっと説明するだけでいいのだろうか?
軽く説明しておいて、その後何度も確認する・・・それもいいのだが、学年によると思う。
「とりあえず覚えておく」中学だとまだ許されるが、高1は絶対にそれではいけない。
高1も出だしは展開と因数分解で中3と同じものだが、内容は爆発的に飛躍する。
中3ではただの数字だったところが別の「数式」になったりする。
ほんの2~3ヶ月前にはさわれもせず、想像も出来なかった因数分解だ。
式が複雑になり過ぎて、分数の扱いやカッコの付け方などがわかりにくくなる。
そして実数論では中学時代にやったこともない「文字の場合分け」をやる。
中学までは5とか-3とかの数字だったものがXという文字で表現される。
Xが2以上の場合はどうなるのか、それより小さな場合はどうか?
教師は毎年だから慣れてしまってるけど、ようく思い出してほしい。
高1になったばかりの生徒には青天の霹靂で、訳のわからない世界なのだということを。
「お話」してやらないといけないことは、それこそ山ほどあるんですよ。
なぜその演算ミスをするのか?そのにカッコを書き忘れているからだ。
なぜ次数の高いものから並べるのか?文字を場合分けするとはどういうことか?
数学とはどういうことで、なぜそれをやるのか?学ぶって・・・どういうものなのか?
船をこぎ出すために話してやらなくてはならないこと、練習させなくてはならないことがたくさんある。
そんな話をたっぷり聞かされ、黒板で私からしばかれまくったジュンはずいぶん良くなったのだが、
学校の授業が始まって1ヶ月、「学校の先生が何をやっているのかわからへん。へたくそすぎる」
いや・・・下手なんじゃなく、知識を棚に並べているだけだからわからないのだ。
それもものすごいスピードだから、ノートを取る暇もない。
教科書そのままに並べるだけだから、生徒はそれのことが何もわからない。
「まあ、スマホでも、買って帰って家でさわるうちに、その扱いを覚えるから・・・」
それも言えるけど、それはスマホだからで、数学なんか家でさわってくれませんよ。
「塾だと話してくれる」
バカ言ってんじゃないですよ。アルバイトの学生なんて、高校生と同じにわかっていないから。
「基礎理論をすっ飛ばされる」ことが毎年だから、私は入試が終わるとすぐ生徒に来させる。
じっくりと話を聞かせ、練習させる。どうしたって時間がかかるからだ。
うちの高校生が伸びていくのは、頭・目・耳・手足の動かし方をどつかれながら練習するからだ。
それだけの努力があるのに1年もすると「ジュンちゃんは最初から数学ができた」と言われる。
そんな世間に私はあきれるやら、むかつくやら・・・
明日からはゴールデン・ウイーク。
生徒には国語の宿題もたっぷり出しておいて、1週間、美術館巡りや
卓球の試合観戦などで、のんびりと休むことにしよう。休ませてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR