FC2ブログ

アパート決まる

京阪で門真へ行き、そこでモノレールに乗り変える。動いているのを見たことはあるが
実際に乗るのは初めてだ。見晴らしはいいがけっこう揺れる。
30分乗ると柴原(という駅だっけ?)へ着き、大阪大学豊中キャンパスは目の前だ。
家から大学まで2時間かかる。朝はずっと混んで座れもしない。そりゃあきついわ。
キャンパスへ入ると緑は豊かだが、車は走っているし、でかいビルばかりで、
学生が歩いていないと大学という感じがしない。オフィース街という感じ。
土曜はここの生協へ真子のアパートを探しに来た。今の時期に物件があるのだろうか?
生協へ入って「すぐに入れるところ」というと、3件の物件があった。あるもんだねえ。
下見に行く前に隣の学食で昼ごはんにしよう。土曜でもサークルの学生がたくさんいる。
普段は高校生や中学生しか見ないからか、歳はさほど変わらないのに、女学生はグッと大人に見える。
別に晴れ着も着ていないのに、彼女らに比べたら中・高校生は「お子様」だねえ。
学食は小鉢が色々あって、私はトンカツでもと思っていたがそれはない。
鳥のピリ辛焼きと根菜のあえ物にした。女房と真子は小ライスにする。十分おいしい。
食後は生協の小さな車に乗って豊中駅あたりへ。
信じられないくらいに狭い道を5分ほどで最初の物件へ着いた。
二階で周りは静かだし、日当たりはいいし、マッチ箱みたいな部屋だけど、いいんじゃないの?
また狭い道を車で行って蛍池というところに物件が二つ。
一つは一階だが、天井が高く、はしごで登れるロフトがあって、そこには十分布団もしける。
バスとトイレは別だし、キッチンには細長いテーブルも付いている。
私は「ちょっと狭いかな?」と思ったが、真子と女房は「おっしゃれ~♪」
ま、ここも静かだし、阪急とモノレールの駅は近いし、たくさん店もある下町で、
大学までは車で5分、自転車で10分、歩いたって問題ない距離だ。
もう一つも見たが真子は「ここしかない」ともう一度見に行ったほど。
共益費込みで6万円と一番高くて真子はビビったけれど、オートロックだし、女の子はこれがいいか。
「こんないい部屋やと、夏休みも家には帰らんかも」 ま、好きにしてくれ。
すぐにゴールデンウイークだからそれまでに布団と机を手配し、7日にかぎを受け取って搬入。
9日からはここから大学へ行ける。朝6時起きが8時に起きても余裕になる。
通学でフラフラになっていたが、これで思う存分勉強もキャンパスライフも楽しめるだろう。
週末には家に帰ってくるし、洗濯はしないで持って帰ってくるらしい。
昔と違って大学内に食堂はいくつもあるし、コンビニもあるしで自炊もほとんどいらない。
何ともまあ、いい時代に大学へ通うことになったことだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR