FC2ブログ

方向性を育てる

高3のセンター数学は高1・高2の範囲を急いで復習するため、
時には確率論を「自分でやっとけ」と飛ばすこともある。
しかし今年の顔ぶれだと少し不安だったのでやらせてみると・・・よく忘れてるわ!
この単元は公式がなく、考え方がすべてなので、もっとも数学らしいと言えば言える。
文章の意味を正確に読み取らねばならないので、ここができないと実は他の単元も出来ない。
読解力・構想力・イメージ力・・・一見数学とは思えない力がすごく必要だ。
しかし本当にはそれこそが数学であり、すべての教科はそれらの力を伸ばそうとしている。
コウジが時間をかけて考えるようになった。一つ一つの理論を確認しようとする。
ここまで来るだけでもかなり大変だ。多くの生徒はそれが学びということすら知らない。
知識なんて二ヶ月ほど暗記して、それをテストに吐き出して、すぐに忘れるものと思っている。
ケイジ・アキト・リノもそうだったが、コウジだってクラブのしんどさを口実に、
勉強とはそういうものにしようとするのを、どれだけ怒鳴りつけ、
「その程度でいいなら、すぐにやめちまえ!」・・・何度私から言われたことだろう・・・
確かに「辛さ・みじめさが自分を磨く」と“はんにゃ”の金田が言うとおりだ。
コウジもそれをくぐりぬけて、それくらい考えられるようになってきた。ようやく。
それだけでもいいのだがしかし、受験という特殊な場に数学を使うのなら、それだけではダメだ。
確認がもっと速く、滑らかに行えるようになり、自分独自の表現ができるまでにしておきたい。
それはさらに熟練が必要で、アキト・サリ・ケイジが時折見せるようになってきた。
自分がそこまで行けるなんて、どの子も思ってもいなかった。
諦めずに、辛い練習を重ねてきたからであり、それはスポーツでも音楽でも、何でも同じだ。
そういう考え・方向性があることを生徒に教えることが私の仕事だと思う。
次にやってきた中3は、そういう方向性の基礎固めの段階。2年での成績表を持って来た。
3が目立つ。1や2がないのは、うちでは珍しい。4もいくつかみられる。
うちの中学生としては優秀な方だが、これを「最初から出来る子ばっかり」というのなら、それでもいい。
ただ、「最初からオール5」の子なんて30年間ただの一人もいない。
そういう子を鍛えて行くのだ。その点このクラスは、方向性はずいぶん良くなっている。
数学そのものを真剣に、どこか楽しげに学べるようになってきた。
「まだまだ全然ダメだ!」これからも何度も怒鳴られるだろうが、くじけはしないだろう。
そういう子達が私を勇気づけ、元気にしてくれる。
「京教って、5はくれないよな?ま、いいか」
そういうとケラケラと笑うナオとカホの笑顔に癒された。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR