FC2ブログ

おら、恥ずかし~い

新中1は毎年緊張するけど、もうね、今年は半端じゃあなかったですよ。
途中から全身の血が頭に登って来て、目なんか血走ってたんじゃないかな。
3人は在校生の弟や妹で、二人は卒業生の息子だ。究極のクラスと言える。
二人の卒業生はもう40代のおばちゃんになってしまったか?どちらも何ほどのこともしてやれた記憶はない。
なのに・・・20年もの時を越えて、息子を再び私の元へ連れてくる。俺は・・・なんだか恥ずかしいぞ。
また俺は何ほどのこともしてやれぬかもしれない。足が震えたぞ。
算数は1を食らったって?やる気をなくしてる?何でそうさせた?親の責任だぞ?
小学校の成績なんて何の関係もないから、まあ、見てみるよ。
なんだ、ちゃんと話も聞けるし、十分理解もするじゃないか。
次からもちゃんと話をして、うまく教えてやれるかな?すぐ続かなくなったらどうしよう?
タケルとコウスケはかなり賢そうだ。カホは兄と同じく慎重で、ミスをしない。
リュウヘイはおとなしいが、内面はすごく動いている。タツキはムードメーカーになってくれそうだ。
おっかなびっくりで黒板に立ち、懸命に考える。
この純真さに比べて私など、なんと手垢にまみれ、薄汚れてしまったことだろう。
逃げ出してしまいたいくらいに、なんだか恥ずかしいぞ。
兄たちにもまだ何ほどのこともできていない。弟・妹・息子の面倒まで見させてもらっていいのだろうか?
声も震えそうになるのを隠して強がって見せる。
「いいか、勉強はするんだ。それには何の理由もいらない。するもんだ。
 ただ暗記すればよかった小学校とは違ってくる。どうすればわかるようになるんだろう?
 それを考えるのが勉強するということになる。どう取り組めばいいかは、精一杯教えてやるよ。
 質が変わるんだから、小学校の成績は関係がない。懸命に学びなさい」
兄や母ちゃんよりもいい授業になるよう、先生も頑張るよ。
さあ、数学の旅に出よう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR