FC2ブログ

続く者たち

来週月曜日は公立高校中期試験。
このあたりの中学・高校はそれに合わせて期末試験になるので、教室の授業も休み。
それほど頑張る必要もないカンナだが、嵯峨野入試で自分の課題を見つけたのか、
まだ連日やって来て勉強に励んでいる。これだと莵道へはトップ合格するかもしれない。
中1のカリンとサキも珍しくやってきた。カリンは成績が下がったので父に大目玉をくらったかも。
木・金が期末テストで、土曜は東京選手権がある。練習しないで出るから勝てないかもね。
ま、勉強とのバランスが最優先だから、ここは勝てなくても仕方がない。
高2の4人が進研模試1月のデータを持って来た。莵道と東宇治2人ずつだから面白い。
数学は、まあ、そこそこの点数になる。200点満点で全国平均71点は、こんなもの。
ユウイチが9割近くも取って偏差値72で莵道2位。これはカリンの全国ベスト8と同じこと。
まだそこまでの力はないのだけど、1回でもそこへ来る実力はつけたということだ。
次はアキトで7割を越え、偏差値66で東宇治1位。
莵道と東宇治の数学トップは200点で30点ほどの差があるということだろう。
順位で目立つのは物理。4人とも一ケタだが、ケイジとアキトは1位・2位。
なんだかアキトがものすごく思えるが、実は語学と社会がまるでダメ。
2年間怒鳴り続けて、本人もそれなりに頑張ってるんだけど、中学まで勉強しなかったから、
これでも精一杯かもしれない。まあ、学ぶ方向性はわかったようなので、この1年が勝負か。
リュウタは数学こそいつもより悪かったが、ユウイチ・ケイジと同じく教科のバランスがいい。
これはこれで国立大入試には重要なことだ。センター試験を越えなくてはならないから。
2年前には何をどうすればいいのか、自分では何も出来なかった4人。
自分はなんて馬鹿なんだろう、馬鹿なりにどう頑張ろうかと錯誤を繰り返した。
まだ自慢できるほどのことは何もないけれど、確かに・・・手の中には小さな自信を握った。
昔から私はそれを羅針盤と呼んでいる。あと1年でそれをより確かなものとしよう。
受験後初めてシンヤがやってきた。『ダメだったか』と思っていたのだが、
「数学も物理も簡単で・・・これだとみんな解いてしまうかと・・・」
問題を見たが、そんなことはない。解けたから易しく感じただけだ。
やれやれ・・・どうやら越えてくれそうだ。
国立大前期の発表は8日から順次始まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR