FC2ブログ

重い

心も身体も鉛のように重いのは、風邪気味になったせいじゃない。
家で真子にでもうつしたら大変だから、葛根湯をガバガバ飲んで、そちらはましになった。
心が寒いのは昨日、中3の最後の授業だったから。これでもう来なくなる生徒がいるから。
チサはインターハイを狙うクラブで練習する。去年のスーもそうだが、とても塾には来られない。
年末からカンナやジュンと一緒にチサもよく勉強してましたよ。
「勉強するってどういうことかわかった。今までは全然勉強してなかった」
そう、チサはちょっとしたブレイクスルーを起こして、方向性を知ったと思う。
もう少し鍛えたいが、高校生になるのだから、クラブを選択するのも仕方ない。
もう一人は全教科ができない。よその塾へも行ってみたが、どうにもならなかった。
成長が少し遅い気がするが、時間の問題であってくれることを願う。
二人の生徒には私の方から「高校からは塾を変えるように」と告げた。
二人とも数学はシュンヤやカンナよりも解き、トップクラスだ。
特に勉強するわけではないが器用なのだろう。そのせいか他の教科はまったくしない。
私は数学を道具に、段取りや準備の仕方を覚えるものだと思っている。
実際高校からはそういう段取りが組めないと、ちょっとした器用さなど通用しない。
段取りを覚えなくて将来、どのように社会へ出て行くのか?
段取りができないということは、人をおもんぱかることもできない。
「日本語がわからないと、すぐに困るぞ」
国語のプリントを私がどれほどの想いをこめて用意しているか。
それを見もしないで「わからんかった」で済まされてしまう。
結局は受験で点数がそろわず焦るのだが、何もできず熱を出すばかり。
受験結果も連絡はない。昼過ぎから夜の7時過ぎまで椅子に座ってじっと待つ。
いつ電話が鳴るかわからないからトイレに行くにも気を使う。
合格して喜んでいるのだろうか、落ちてがっかりしてたらどう声をかけよう。
7時過ぎまで待って「もう・・・帰るわ」 そんな教師の気持ちなどどうでもいいのだろう。
偏差値が50.1と50.2に何ほどの違いがあるのだろう?
コンマ1を気にしてこの時期に中期試験の志望校を変えろと学校へ行く。
これはもう、私の数学で少しばかり点になることが逆効果になっている。私は手を引くべきだ。
高校からはビデオの塾へ行けばいい。いつ行こうが、前で寝てようが、ビデオは一切叱らない。
しかし・・・そう決断した私には「何もしてやれなかった」という圧倒的な敗北感しかない。
「悪かった。高校からはもっといい先生を見つけてくれ」そう謝っておいた。
鉛を埋め込んだように重いが、今日の授業はあるし、明日からは国立大前期試験。
こういう心と身体を押しかくしてふるまうことには・・・もう慣れている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR