FC2ブログ

レベルの高さとは ①

卓球の試合で一番レベルの高いのはもちろん全日本選手権だが、それとほぼ同レベルの大会が
東京・大阪・名古屋選手権だ。全国都道府県の予選を勝ち抜いた選手が出てくる。
カリンは全日本で7位になったことで推薦をもらい、どの大会にも出場出来る。
この土・日曜に大阪選手権があった。カリンはカデット(中2以下)に出場した。
一発トーナメントだが初日に2回戦までが行われ、翌日に決勝までが行われる。
大きな大会はこの形式で、関係者は初日を「予選」と言っている。
カデット女子には京都勢は5人ほど出ていたが予選を勝ち抜いたのは3人で、
翌日の3回戦を勝ったのはカリンだけで、これでベスト32。
16をかけて4回戦に臨んだが、惜しくも敗れた。相手はベスト4まで勝ち進んだ。
全日本7位といってもまあ、こんなもの。レベルが高過ぎて実力差がほとんどない。
このレベルの高さでさらに勝ち進むにはどうすればいいのだろう?
宇治や山城など地方予選では、まだ基本のできてない選手も多数出てくる。
それだと基本練習をたくさんやって汗をかくだけである程度上位へ行ける。
しかし全国レベルではその「上位」しか出てこず、基本のできていない選手などいない。
京都の中1・中2女子ではカリン達4人が強い。ベスト4は同じ顔ぶれとなる。
他にもそこそこ強い選手はたくさんいるのだが、この4人は突出して強い。
他の選手相手では粉砕してしまい、試合にすらならない。強さのレベルが違う。
しかし全国レベルではこの4人でも、1回勝つのが大変になる。
基本練習は大切だが、もうそれだけでは勝てない。明らかに質が変わる。
それは中学までの数学と、高校以上の数学との違いに似ていると最近思えるようになった。
こちらも明らかに質が変わるのだが、その話は明日にしよう。
今日は公立高校前期試験。寒くなったけれど雲もなく晴れたのは助かる。
土砂降りの中を会場まで行くのは嫌だもんね。
たいていの高校は「基本は出来たか?」を聞いて来る。
カンナが受けに行ってる高校だけ「質も高めたか?」を問われる。
筆記試験は今日だけで、カンナは明日に面接と作文があるのかな?
今日は数学の授業だが、皆疲れきって出て来れないのではないかな。
授業の準備だけはやって、じっと待つことにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR