FC2ブログ

新学年へ

高1と高2はすでに次の学年の単元をやっている。高1は数Ⅱ、高2は数Ⅲだ。
こんなに早く入ったのは初めてだが、これでも菟道や嵯峨野よりも遅れている。
数Ⅱは分数式・複素数などを経て、高次式の変形で最初の単元をまとめ始めている。
何度も言うがこれらは、次からの様々なテクニックの土台をなすものだ。
新たな公式で式を組み立てても、数式そのものが触れないと話にならない。
昨日は割り算の「簡易バージョン」“組み立て除法”をやった。
丁寧に出来たから皆よく理解した。ナナセなんかこういうテクニックだけは速い速い。
高2は金曜日に数Ⅲをやっているが、昨日は数Ⅱ・Bのまとめ。
センターレベルのマーク模試の問題を60分でやらせた。
とびきり難しいやつで、高3の全国平均が47点だ。高2なら40点も取れば上出来である。
意外とミクが43点でユウスケが41点。ケンタ・ユウカ・コウヘイ・ハルカはそれに及ばない。
それほど難しいのだが、康太だけは77点。「やばいなあ!」皆が声を上げる。
私もびっくりである。こんな問題、よくもまあ解いてしまうものだ。
数学と言うものの姿を捉えられているんだろうな。
どちらの学年も、皆がそうなれるようビシビシ鍛えて行こう。

中1・中2は今日の授業でどちらも全範囲を終える。
中1は「回転体」でおしまい。中2はややこしい「確率」にずいぶん時間をかけてきた。
少し迷うところだが、来月から次の学年の単元に入ろう。
中2・中3の数学はやることがたくさんある。いくらでも時間のほしいところだ。
どちらの学年も成績表を持ってこさせると数学の5が目立つから、学校では上位なのだろう。
けれど中3や康太のように突出する能力はまだいない。
まだまだ「扱いかた・基本の理解」を育てなくてはならない。
どちらのクラスも「入れますか?」という問い合わせは何件もある。
「申し訳ありません」と謝るばかりだ。
中2で一人「今月いっぱいで」と言う子が現れた。理由は聞かない。
「この教室が嫌になった」のなら「そうですか」だし、
「進学塾に変わって点取りに励む」のなら「頑張ってください」だし、
「引越しする」のなら「どうしようもない」だ。
何にしても「いなくなる」と言う辛い現実に変わりはないのだから、理由は聞かない。
どうせ中3のクラスは取らないのだし、残る子たちを懸命に育てなくてはならない。
理由を聞いて涙する暇は・・・ない。
月曜には新中1の面接がある。この学年だけ、あと少しだけ取れる。
中1・中2の皆には今日、新しいテキストを渡そう。
毎年「あらゆる感情」が渦巻く、別れと出会いの季節が迫ってきた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR