FC2ブログ

精神的にも2極化

黄檗中は2期生が卒業するが、堀川や嵯峨野など「スパー校」へチャレンジする生徒が二人だけ。
チャレンジする生徒くらいもっといてもいいはずだが、これは宇治市全体に言える傾向らしい。
中学教師の友人に聞くと、
「南陽や莵道が定員割れ状態。無理せず、そこそこでいいと言う生徒が増えている」
どちらも京都全体で言えば「並みの」高校で、地域ではトップ校扱いされている。
それが、そう言えばここ2年ほど定員割れ寸前で、底辺校に人気が集中している。
なるほど、精神的にも2極化がさらに進んでいるようだ。
莵道なんて小テストこそすれ、宿題なんてほとんどないのに、いまだに
「宿題が多過ぎて、勉強しろ、勉強しろとうるさく言う」なんて言う人がいるのだろう。
そういう人は嘘を言っているのだから数は少ないのだが、声が大きく、
引きずられて信じてしまう人が多いと言うことか?
しかしそれだけでもなさそうだ。受験直前になっても「勉強しない・できない」生徒も増えていると感じる。
わからないことをわかる形にする過程が勉強なのに、それはまったくしない。
興味が出れば暗記もするが、たいていは興味も出ず、それすらしない。
それでもそれなりにいける高校もあるし、いける大学だってあるわけだ。
ちょっと勉強してるあいつだって、どうせ同じ大学になるんだろうし、勉強したって同じだ・・・・
それは違う。たとえ同じ大学になったとしても、長い期間ではまったく違ってくる。
積み重ねた学びには、どこかで必ず「ブレークスルー」がやってくる。大転換だ。
ただ、それがいつかはわからない。大学で起こる奴もいれば、社会へ出てからの奴もいる。
どこで起こるかはわからないが、はっきりわかるのは、積み重ねなしには決して起こらないと言うことだ。
ブレークスルーはあった方がいい。視野が広がって楽しみをたくさん見つけられる。
一攫千金ばかりを狙って捕まる連中はブレークスルーがなかったと言えると思う。
そういう連中って楽しさや夢を語ることなく、金儲けの話しかしないし、愚痴ばかり言うじゃない。
ずいぶん人生で損をしていると思うね。
だから中・高校生には「勉強しろ、何の理由もなく」というのだが、通じなければ仕方ない。
いつもフリースペースにいる両トモヤ、カンナ・チサ・ジュン。
中学生3人は「こんなに勉強したことがない」と、同じことを言う。
少しもしんどそうでも辛そうでもなく、楽しげに言う。小さなブレークスルーは起こったのだ。
それをしようとしない子には悪いが、さらに先へ歩いて行くだけだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> これから始まる、長い長い人生をどんな歩幅で歩いていくのか、どんな方法で歩いていくのか、その選択の参考になるのが、高校受験でどれだけがむしゃらに勉強に取り組めたか、どれだけ辛抱てきたか、そのためにどれだけ自分は準備したのか…
> そんなように思うのです。

今の時代はそれがわかりにくくなっていますね。「バーチャル空間」ばかりですから。
ただ生きるだけでも懸命に自分の足で歩かねばならない。
そんな当り前のことを、伝え続けねばなりません。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR