FC2ブログ

チームリーダー

卓球の団体戦ではカンナは1年の頃からいつもラストにいる。
全国大会出場のかかった決勝でも、先輩たちが頑張り、2-2のラストにいたのは1年のカンナ。
しかし相手チームもギャンブルをしてラストにエースを置いていた。
先輩でも勝てるかわからない強敵相手にセットオールで勝ち、全国を決めた。
それ以後3年間カンナはラストで負けたことがない。
3年のこの夏の大会でも京都大会ではラストで勝ち1位となり、
近畿大会の全国決定戦ではなぜだか4番にいて、負けた。
その時の監督がカンナに回らないことを恐れた配慮が裏目に出てしまったのだ。
カンナがラストにいることで他の部員は伸び伸びと戦えた。
「2-2の五分で回せば、ラストは勝ってくれる」 その安心感は絶大なものがあった。
ある有名高校の監督はそれをずばりと見抜き、
「その安心感のために、この子をぜひうちにください」と言っているほどだ。
塾のクラスにもそういう存在感を持つ子がいると、教師はやりやすい。
勉強ができる、できないは関係がない。その子がいるので安心して勉強ができる。
今の中3ではカンナ・ジュン・チサがそういう存在になっている。
チサやジュンなんか数学は出来もしないが、元気に学ぶので、皆も乗せられるのだ。
冬期講習もあと2日。一応のまとめに入る。ずいぶん入試問題に慣れてきた。
基礎は出来あがってるから慣れるのも速い。ガンガン進めて、明日は忘年会。
掃除を終えて6時頃から鍋に火を入れ始める。6時半には食べごろになるかな?
飲んで食べて話して、ほっこりと幸せを感じましょう。遠慮なくご参加を♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR