FC2ブログ

タフでなければ

昨日は千客万来。電話はかかるし面接はあるし、年末のあいさつにも来られるし・・・
先を向いて話せるのは一件だけで、あとは「さて、困ったなあ」という話ばかり。
今すぐどうにかしろと言われても、すぐにはどうにもできないことばかりだし・・・
兄貴、父親、旦那、教師、医者・・・全部の役が回ってくる。真子と話すと、
「え?それはすごいなあ、うちは普通の塾やのになあ」
そうですよ。私は「普通の子が来る普通の塾の普通の親父」・・・なのにねえ。
弱いところへ、弱いところへと世の中のひずみが押し寄せることは世の東西、時代を問わず同じで、
今さら嘆いても仕方ないけれど、どうしていつまでもこうなってしまうかねえ。
「タフでなければ生きられない」は大昔のテレビCMだけど、我々庶民は本当にそうだ。
それを鍛えるのは何なのだろう?家族仲良く平和が必ずしもいいわけでもない。
ジュンの家はなぜ宇治小校区かわからない莵道あたりで、中学まででも遠い。
うちの教室までだと京阪二駅分もあるが、しょっちゅう歩いて来る。
「お母さんの“交換条件”を私が飲まなかったんで」車では送ってもらえない時だ。
この母娘、以前からしょっちゅうバトっている。こちらも慣れてしまって卓球に出てこない時は、
「ははあ、また何かでバトルがあったんやろう」と済ませていた。
それでいてジュンがグレて不良になるかというと、まったくそんなこともない。
タフさ、したたかさがすこぶるうまく鍛えられている。母ちゃんに感謝したいほどだ。
おかげで私も遠慮なくビシビシ鍛えることができる。我々庶民はこうでなくてはならない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR