FC2ブログ

中学の終わりに

数学の最後に三平方の定理とは、うまいものを置いてあるものだ。
直角三角形の3辺の性質なんて、式自体は簡単なものだが、
それを使って今まで勉強した図形の性質や、式の扱いなど、多くを復習する。
けっこう出来てないんですよ、中学生って。
私は何十年も繰り返しているから自転車に乗るくらいに当たり前になってしまっているけれど、
二等辺三角形・平行四辺形・台形・ひし形・円・・・中学生はたいてい忘れている。
図形の素養って、数学にはとても重要なんだけどねえ。
三平方は2乗の式だから、平方根は普通に出てくる。まあ、複雑な数式にはなる。
2種類の無理数が出て来て、引き算して、2で割る・・・もう、うまく扱えない。
ルート2とルート3を足してルート5にしたジュンに右フックを食らわせた。
補助線を入れて三角形を二つに割れば三角定規の比が使えるのに、割り方が難しい。
「こうすればいいじゃん」と言えば簡単だけど、なるべく自分で発見させたい。経験させたい。
受験まであと2ヶ月ほどで、ものすごく焦っているのだが、「それは、あかんやろ」
「そうすると、角度が利用でけへんやろ」「まるででたらめ」
なかなか発見できないチサに声をかけながら、焦りで私の手足はブルブルしている。
仕方ない・・・ここは簡単に進めてはいけない・・・・・・
期末試験もあったせいか、アリサは復習できておらず、ノートに釘づけになっている。
「そんなん、いえでみておかんけえ!」蹴りを入れておく。
国語の宿題をやらないイクトとノリユキには、今回の国語は渡さない。
「今の時期にやらないなら、もう、いつまでも出来ない。相手にされない。反省せい!」
なんとかさせようと最後の手段・賭けだ。やれることは何だってやる。
入試には点数を取れないと困るけど、本当には、その後の勉強に中学での点数は無関係に近い。
大切なのは心の在り方・姿勢だ。そこはできるだけ鍛えておきたい。
「点が取れればいいんでしょ」なんざ、たかが中学内容で生意気だってんだ。
その辺りはよくなっているヨシヤだが、どうにも、うまく点数がまとまらない。どう生かせばいいのか・・・
シュンヤとカンナは一定ラインを通過したようだ。
ほんのちょっと越えただけだが、周りからは突出したように見えてしまうだろう。
この日曜には模擬試験だが、これも1月で終わる。
あれも、これも、どれもを直しておきたいが、タイムリミットは容赦なく迫っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR