FC2ブログ

京都トレイル

2週連続で京都の紅葉狩り。今回は山科界隈。
真子は日曜でも予備校があり、またしても女房・康太の3人。
康太は2月に合格祝い旅行以来3年ぶりにヨーロッパへ行く。
前回はイタリアとフランスだったが、今度はオランダ・ベルギー・スペイン10日間。
テロが物騒だが、ビビっていてはどこへも行けない。今回は買い物もしてくるそうだ。
さて、山科へ行ったら去年も行った毘沙門堂門跡へ。紅葉は去年の方がきれいだった。
今年は11月が暖か過ぎたのかな?紅葉する前に黒く枯れている感じ。
今年はお代を払って寺の中へも入った。何やら仕掛けのある絵がたくさんあった。
老人の絵はこちらが動いても目で追いかけてくるし、机の絵は大きさが変わるし、
板に書かれた鯉はついて来るように見えるし、とても面白い。
「門跡」とは由緒ある寺にしかつかないそうで、全国に30ほどしかないそうだ。
毘沙門堂は天皇家の一人が僧侶になったそうで、門跡を許されている。
一つの客間には木と鳥の絵が描かれたふすまがあり、竹には雀なのに別の鳥がいる。
「鳥が合わない・・・取り合わないと言うしゃれですね」と、若い僧侶が楽しげに話した。
やはり寺は中に入って見ておくものだね。どれもが面白い。
昼ご飯を食べたあとは蹴上げへ行き、少し坂を上ると「日向神社」と言うのがあった。
ちょうど琵琶湖疏水の切れ目で、台車に乗った船も置いてある。
へえ~初めて見るなあ。前の五条通は何度も通るが、歩くのは初めてだ。
どんどん坂を上ると20人ほどの外人の団体もいた。ショールをかぶっているのはアラブ系かな?
日向神社は伊勢神宮の「出張所」みたいなところで、天照大御神を祭ってあり、なんと!天岩戸まであった。
L字型に岩山が掘られており、天照は窮屈だったんじゃないかな?
すぐ下には入り口を閉じていた岩まであり、なるほど、田力男がぶん投げたんだな。
まさか京都のこんなところに天岩戸があるなんて全然知らなかった。歩いてみるもんだ。
天岩戸への山道は「京都一周トレイル」と名づけられて、大文字山や銀閣寺まで行ける。
若者の集団が走っていたが、いいジョギングコースかもしれない。
行ってみてもよかったが、どれくらい続くのかわからないので、山を下りて南禅寺まで歩く。
途中に疏水を利用した水力発電所跡まであり、建設者の銅像まである。
京都に生まれ育ったのに知らないことばかりだ。春からは真子も連れて歩き回ろう。
そこから南禅寺へ続く「水道」に沿って歩いた。こんな道もあるんだ。
南禅寺は予想どうりの人でごった返していた。先週の東福寺の比ではない。
散々歩きまわり、知らない京都をたくさん発見できた。貧乏人の楽しみ方はこれに限る。
紅葉狩りもここまで。これからは・・・受験だあ~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR