FC2ブログ

伸び方も色々

点数や成績が上がって行く伸び方はわかりやすく、一般に望まれる。
しかし現状維持で踏みとどまり、落ちて行くのを防ぐ伸び方は理解されてない。
それも伸びているんだけどね。精一杯伸びて現状維持してるんだ。
比例するように一定に伸びるなんてあり得ない。どんなに伸びる子でも現状維持の時期はある。
ただ、現状維持がどこまで続くかはだれにも予測できない。
あまりに長いと親もそうだが、一番焦るのは私だ。
説明の方法や速さを変え、励まし、褒め、脅し、怒鳴る。あらゆる方法を取る。
点数にならなくても方向性がよくなっていれば「そういう子だ」と待てる。
たとえ受験に間に合わなくても、仕方ない部分もある。
けれど、どうしようもなく学びの方向がわからない子もいる。
小学校から中2の辺りまでは基礎で、意味も考えず、短期間の暗記でどうにかなった。
昔から多くの生徒は「それこそが勉強」と思い込んだりしている。
私が働きかけるのはその部分だ。「そうではない」と。
「野菜を丸ごと出されても食えないだろ」とは和牛名人の言葉だが、数学は別だ。
なるべく素のままの数学を食べさせる。だって、それが一番おいしいのだから。
もちろん導入部分においては、切ったり味付けしたりの調理をする。
しかし味付けは、昔に比べればずいぶん薄味になっているかもしれない。
濃い味付けでは、長い期間では結局食べなくなってしまうから。
そういう時は「ピーマンは食えなくても、食べる野菜はたくさんある」と、諦めざるを得ない。
今日の中3は「3平方の定理」の導入で、工作用紙に作図し、切り抜いて証明する。
これはもうドレッシングをかけない野菜サラダだが、これが・・・素晴らしくおいしい。
点数は様々でも、どの子もよく伸びているこのクラス。
このサラダをモリモリ食べて、中学数学の終了としよう。その後は、受験だ。
受験は、いわば試合なのだから、試合になったら、負けさせるつもりはない。
たくさん食べた「学び」で、一気に駆け抜けて行こう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR