FC2ブログ

生きがいとは面倒なもの (仕事)

コロンブスの時代にはまだ、船も技術もしれたもので、遭難して死んでしまう確率は高かったろうに、
よくも航海なんぞに出られたものだ。
その恐怖よりも「まだ知らぬもの、わからないもの」への興味が勝ったんだろうね。
今はもはや「未知の大陸」などない。コロンブスのような情熱で航海に出ることはない。
仕事にもそういうところがある。まだよくわからないからこそ、がむしゃらになれる。
昔の私が中1の単純計算問題でもすべて解いていたのは、時間を計る意味もあった。
私が全部で10分かかれば、中1なら20分ほどかかるだろうか?
黒板に立っているから、そろそろ足も疲れてくるだろうな?席で休ませるが、何をやろうか?
この子は速いけど、あいつは立ちっぱなしになってしまう。どういうヒントを出そうか?
2時間の授業を分刻みで計画し、何倍もの時間をかけて準備したものだ。
しかし今は生徒がかかる時間は経験で覚えてしまった。ヒントのストックもたくさんある。
「どういう授業になるだろうか」というワクワク感は、もうほとんどない。
自分に何ができて何が出来ないかもわからないから、すべてが冒険だった。
けれどもう、自分に出来ることも出来ないこともわかってしまった。やれることを繰り返すだけ。
芸術家なんかそういうことを嫌う人が多いね。
経験を積めば学んでしまって、いつまでもワクワク感の子供ではいられないのに、
それを嫌って自殺したりする人もいるけど、そういう感覚もわかって来た。
全部わかって来たからって、経験を積んだからって、人が思うほどの名人になれてもいないことは、
他でもない自分が一番よくわかっている。
それでも・・・長くそればかりやって来て、もうそれしか出来なくなっているから、
まだ使えるなら使ってもらおう。仕事ってそういうものかなあと、しみじみ思う歳になってしまった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR