FC2ブログ

エピソードがない

物理学賞受賞の梶田さんだが、妻・恩師・同僚が異口同音に語る。
「何かエピソード?・・・おとなしくてまじめで着実で・・・だからエピソードのない人です」
弓道部にいたが弓はからっきしヘタであり、芋j焼酎が好きでよく飲むが酔っぱらってひっくり返ることもなく、
ニュートリノの重さも先輩の研究を引き継ぎ積み重ね、発見に至った。
こういう人は芸能人には向かない。酒には酔ってとんでもないことをやらかさないと面白くないし、
ただ遊んでいたのに突然「あ~ら、大発見!」でないとドラマにもならない。
しかし・・・学びとは、どうしようもなくそういうものだ。面白おかしいことなど何もない。
突然「偏差値40が一流大学へ入った」と騒ぐが、そういうことも「突然に」は起こらない。
元々レベルの高い高校へは入っていたり、たまたま遊び過ぎていたが、きちんとやりなおしているはずだ。
やり直しの勉強中にエピソードなど、何もない。淡々と学んでいるだけだ。
だから「何か刺激がないと、燃えるものがないと勉強できない」と言うのも、
その方が芸能受け・一般受けはするのだろうが、学びは本来がそういうものではない。
「環境が悪いから勉強できない」と言うのもある意味、環境と言う刺激を求めているだけだ。
学びにも刺激は必要だが、学びそのものに刺激を受けるので、環境やそのほかの、
人が見て面白おかしい刺激など必要ないし、そういうことも起こらないのが学びだ。
真子なんかはまだ不平や不満を言うことがあるが、康太には一切がない。
莵道高校と言う与えられた環境の中で淡々と準備し学び、大学でも同じ。
そのせいで、よく勉強しているはずだが、それを感じさせないほど力みがなく、エピソードもない。
それはフリースペースの高校生や中学生も同じ。毎日来る生徒は皆同じ。
今朝も早くから「学校が休みだから」とミヤセが来た。
「自分の場所」の角に座り、身動きせず、物音も立てない。見た目には何も面白いこともない。
試験中のサリやヤマトモもお昼には来る。ひとしきり寝る。
サリは時々ずっと寝てしまうこともあるが、どちらも起き出して、物音立てずに勉強する。
昨日はフリースペースに座る余地がなくなった。それでも静まりかえっている。
そこに面白おかしいことは何もない。しかしそれこそ本来の、素晴らしい学びの姿だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR