FC2ブログ

夏休みの終わり

これほどのんびりした1週間も、最近では記憶にない。昨日はモクモクファームへも行って来た。
20周年記念とかで、会員はレストランでビールを1杯無料で飲めるのだ。女房の分も入れて2杯。
帰りの運転を女房に任せて2杯とも私が飲んでしまう。
バイキングレストランで新鮮な野菜や何種類ものハム・ウインナーをあてに飲む。うまい!!
康太はモクモクができた時からずっと来ているのに、院の親睦会で来週ここへ来る。
知り尽くしているからせいぜい案内でもしてやればいい。
そんな康太も昨日、研究室のミーティングで研究の役割が決まった。理論分野を受け持つらしい。
学生は9月いっぱい夏休みなのに、研究がからむと9月から作業開始だ。もう夏休みは終わった。
細かく論文の期限があるらしく、締め切り前は漫画家と同じ。
売れっ子の作家や漫画家って、締め切り前は編集記者にへばりつかれ、
1週間ほど部屋に缶詰にされて徹夜で書かされるんでしょ?それと同じになるらしい。
真子も昨日、一昨日と校内テストを受け、9月からの後期テキストをもらって来た。
前期の成績で1度だけクラス替えがあるが、CクラスからBを飛び越えてAクラスになった。
B・Cクラスは同じテキストだが、Aクラスだけ少し難しいテキストになる。
パラパラと数学のテキストを見ると、なるほど、しっかりした思考を要求される良問ばかりだ。
康太に比べれば{いつ勉強してるの?」というのが真子のペースだが、
後期はこのテキストでうんと気を引き締めたい。
私も月曜から後期の授業。中3・高3は受験もにらまねばならない。
そのためにも1年・2年の間に{今、何を鍛えておくべきか」と、じっくり育てて来た。
3年がかりで「とりあえずの仕上げ」に持って行き、それでもなかなかうまくいかないのに、
「今から体験入学できますか?」という高3から電話があった。もちろん断る。まっぴらだ。
私は受験のための教育をしているのではない。
しかしじっくり育てて来た生徒の受験の面倒は見るし、負けさせる気などない。絶対に勝たせる。
もっと大きなことへ向けて鍛え育てているのだ、小さな受験などに負けさせるもんか。
うちの生徒は「下積み生活」が長いのに、世間一般はそれを無視するか、理解出来ないんだね。
受験前の半年、3ヶ月だけ・・・ひどいのになると3週間だけなどという親や生徒もいる。
もうそれに文句を言う元気もない。頑張ってくださいね、うち以外のところで。
さあ、後期の授業で生徒と共に頑張ろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR