FC2ブログ

継続と力

うちの塾生で「日焼けチャンピオン」は断然高1のユウカだ。
中学時代からのソフトボールで、毎年この時期は顔の表裏がわからなくなる。
それには負けるが中2のサキも「テニス焼け」で腕や足に白黒の境目が出来る。
今朝はナオと一緒に来たが、ナオの顔も赤い。へ?ナオって、クラブしてたっけ?
「テニス部」 そ、そうかあ、日焼けが目立たないから今まで気付かなかった。
制服で来ているカホは右手の甲にテーピングしている。「バレーボール部・・・」
塾の後に直接学校へ行って練習に参加するのだという。
そうか・・・そうやってバランスを取り、少しでも練習できるならしておくがいい。
5分か10分、練習前に来るのか遅れてくるのかで、その日だけなら内容に差はない。
けれど毎回遅刻していると、つい、「今日はいいか」と休んでしまうこともある。
それもまた、たまに休むくらいなら何の差が出るわけでもない。
その1回だけなら差などないが、1年、2年が過ぎていくと・・・・薄い紙も本になる。
卓球部のカンナ・カリン・サキは他の誰よりも、休まない分練習量が多い。
才能は・・・カリンには多少あるが、カンナは並みだし、サキは並み以下だ。
けれど3人ともシングルで京都大会に進出し、カリンは近畿大会へも行く。
それを見て人は「よっぽど才能があるんやねえ」などというが、見当外れだ。
「薄い紙の積み重ね」だけのことなのに、それしかないのに、誰もそれに思い当たらない。
うちの生徒の数学力も同じことだ。生徒達は「正しく、薄紙を重ねて」いるだけだが、
誰もそれを理解はせず「最初から出来るんやねえ」としか言わない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR