FC2ブログ

予習

期末テスト中なので昨日の中1・中2の授業は休みだった。
それでもお昼頃からモエ・アサト・リュウジなんかがやって来て、試験勉強している。
私はここぞとばかりに、来週から試験が始まる高校の、試験前最後の授業の予習を始めた。
高1は2次関数の真っ最中。2次不等式にまで入ると多くの生徒が混乱するのでひやひやしたが、
どうやらそこまでは試験範囲に入らないようだ。その直前の2次方程式までをまとめよう。
前回は中3でもやった解の公式の確認と、その復習で、練習問題を宿題にしておいた。
中学では形を暗記しておくだけでよかったが、高校ではそうはいかない。
なぜその方になるのか、なぜそう考えるのか、正確な理論を考えなくてはならない。
これが・・・高校生にはよくわからない。中学と同じように暗記だけでいいと思っている。
例えば「判別式」。解の公式のルートの中身のことだが、それが正なら「異なる実数解」、
ゼロなら「重解」、負なら「解なし」で、それを丸暗記するのだが・・・
「判別式って言うけれど、いったい何を判別するんだ?」
たいていの高校生がそれすらわかっていない。解なしって、どういうこと?それも・・・
実は数字やグラフの根本理論をたくさん理解しなければならないのだが、それを素通りするから、
一般の図形や文章題に適応させるときや、2次不等式で何も書けなくなってしまう。
それは交通法規を暗記させて、しかし、車を運転するときに目隠しをするようなものだ。
何も見えていないのだから恐くて発進できないし、走ればすぐに事故になるのは当たり前だ。
ところが生徒は初めてのことで、自分が目が見えていないことに思い至らない。
そして、そうなっている原因に、教師自身も気がついていないように思える・・・
平方根って、2乗するとその中の数になる。実数は2乗すれば必ずゼロ以上になるから、
中の数が負になっていれば、それは数ではない。
交点の数がなくなるのだから、グラフはX軸と交わってはいない。
まだ難しいことではないが、その理論のつながりがあるのが高校からの数学だ。
そこを押さえないで、家で毎日数学ばかりやっているのに「どんどんわからなくなる」
という生徒を見ると気の毒に思えてしまう。
ヒナとコウスケは理論の方向を捉え、面白がり始めているから、この問題も・・・
ユウカとユキタカは、わかっているとことそうでないとこの差が大きいから、これをやらせて・・・
タクミは練習量が足りない、これを・・・そうやって私の予習は進んでいく。
高2は三角関数がちょうど終わる。高校によって進度の差が大きいから大変だ。
高校ではやっていないところだが、サリ・リュウタ・ケイジは地道な学びが実を結びつつある。
他は練習量が足りていないことが自覚できていない。ゲンコツと共にこれらの問題を・・・
ヒカルの高校だけ次の単元も終わっていて、よく理解できているから思いっきり発展させよう。
おや?昔の問題集に京大の問題がある。どれどれ・・・けっこうまとめるのが大変だぞ。
いくつか図がかけてしまい、どうとらえるかのセンスも問うている。これだな、これを考えさせよう。
ヒカル自信もそういうことの方が好きだから・・・
毎日毎日、どの学年にも、そうやって予習をしている。
そういう作業を続けられることが「真心」だと昨日書いたが、人には言えても、自分では意識しない。
必要だからそうしているだけで、『このどアホウ・・どうしてくれようか・・』と思っているし、
私なりに精いっぱい準備するのだが、なかなかうまくもいかない。
『ああ・・・力のない、何もなさない授業だった・・・』 そう思うことばかりだ。
しかし「年単位」で見ると、不思議と少しは良くなっている。教育とは、そういうものなのだろう。
日曜は今年の読書会の最終日。終わっても話し込む人が多いから、ピザでも注文しておこう。
ちょいとつまみながら、そういう私の愚痴も聞いてもらおうか。
これを読んでくる人は、土曜の残り物でもあれば持ってきてください。何でも食べちゃうから。
お茶も用意しておかないと。いや・・・私とユカパパは、お昼でも日曜だから、ビールだねえ・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR