FC2ブログ

読める

中2は連立方程式・文章題のまとめ。ずいぶんややこしいものまでやりましたよ。
「ある中学の生徒数は、昨年の生徒数と比べると20人増加して510人で、これを男女別にみると、
 昨年度に比べ、男子は10%の減少、女子は20%の増加であった。
 今年の男子と女子の人数をそれぞれ求めよ」
読むだけでうんざりして、嫌になるでしょう?頭痛くなった?これを中2が読むんですよ。
信じられないかもしれないけど多くの中学生が、昨年度は490人だったこともわからない。
「それって、わかる、わからないじゃなくて・・・」
そうです。「読む気がない」も含めて、「読み取れない」のですよ。
数学の文章題は無駄を省いてるから短い文になってるけど、読み取らなければならない量は少なくない。
ベースになるのは去年か今年か。全体数で行くのか増減数で立式するのか。どちらが楽か。
どう解いて、しかもX・Yの値がそのまま答えではない・・・あ~面倒くさい・・・
こうなって来ると数学のテクニックよりも、読解力の方が問題になって来る。
と言っても中学の問題だから「解法のパターン暗記」は出来ますよ。すべての塾がやっている。
けれど学年が上がるほどに、高校にでもなると「読解力」がすべてになってしまう。
それを知っている私には「パターン暗記」は不効率で、とっても危ないものに見える。だからやらせない。
「その場だけの得点」を求めちゃうからそうなるんだろうけどね・・・根本治療にはならないね。
私が国語に力を入れるのもそれの根本治療が目的で、中2も昨日、持ってきましたよ。
ほとんどの子が確実に読解力を伸ばし始めている。読む気が出て来たんだね。
ハヤトやヒカリはぼんやりしてたけど、読むとはどういうことか、わかってきたようだ。
ユカやウエカナはもう、楽しんで読んでるね。ほとんど完璧に読みこなす。
ヒデヒトとナオ・カホ・ユウカの3人娘はまだ読み方がよくわからない。
国語の解答をチェックしながら生徒を見ていると、とっても面白かった。
ユカとウエカナが一番早く、確実に、面白がりながら解き進めていた。
その進み方を見ると、ぴったりと「国語が出来る順」になってるんだもんね。
だから今回の国語がダメだった4人はとても苦労している。
いや・・・3人娘はパターンを覚えると、すごく速く解いたりはする。だから逆に「危険」なのだ。
そこそこ点数になるからと、そのまま行ってしまうと、近い将来に崩壊が確実にやって来てしまう。
「数学が苦手な原因が国語にある」と知っている人も、言う人もほとんどいない。
昨日の中2の様子を見ていると、誰でもわかるように、私には思えるんだけどねえ・・・
数学のためにも国語を・・・やはり、ビシビシやらせることにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR