FC2ブログ

松下村塾

私が食い入るように見続け、しょっちゅう涙まで流す大河ドラマの「花燃ゆ」だが、
大河ドラマとしての視聴率はボロボロで、史上最低だそうだ。
いいドラマだけどねえ。明治維新は「ついこの間」の出来事だし、
伊藤博文だの坂本竜馬だの、知ってる人物が普通に出てくるし、わかりやすいけどねえ。
視聴率の悪さはドラマのせいじゃなく、人々がもう歴史なぞに興味を失っているのかもしれない。
「吉田松陰?誰?それ。伊藤博文?聞いた事ねえな」
日本の初代総理大臣なんだけどね、どうでもいいのかな、そんな事。
それよりはお笑い芸人が肉や魚を食ってたり、学芸会みたいな歌番組を見る方がいいのかな?
つい最近の「日本の成り立ち」にも興味がなくなっているとすれば、
確かに日本人から「情緒」がなくなりつつあるのかな?
岡潔さんが「情緒の教育」と打ち出していたのがわかるような気がする。
それでも様々な偉人を輩出した松下村塾を世界は認めてくれたようで、世界遺産に押されたね。
たぶん決まるだろうし、ようやく人々も気を向けてくれるだろうか。
松下村塾みたいに偉人こそ出さないけど、うちも連休明けの授業が始まった。
中1は正負の数の四則演算のまとめ。ややこしいんだあ、これが。
ヒトシ・イオリ・マホあたりはすぐにボケをかますし、カリン・サキ・リュウジ・アヤもおっかなびっくり。
アサト・ショウダイ・コウセイあたりは堅実だけどねえ。けれど皆元気なのがとてもいい。
中2は連立方程式の応用題へ突入。
計算自体はどうってことないけど、「文意を読みとる」事がメインになり、とても難しい。
難しいけれどその分、読み取るのはすごく面白い。このクラスのテーマはそれだ。
どの子も真剣に、しかしどこか楽しげに読み取ろうとしている。
サキとウエカナが真っ先に文章から式を引き出し、正確に解いた。
「どうだ?国語の問題を解いたような感じがしないか?」「うん♪」サキが嬉しそうに笑う。
こういうことが本当の数学だ。
歴史だけでなく、数学にも人々が興味をなくして久しい。
失われたものを子供たちと共に探し続ける塾でありたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR