FC2ブログ

仕事が大変

日曜日のパーティーに来る予定だったウネはやってこず、月曜に電話が入った。
「すんませ~ん、寝てしまいましたあ~」
設計図面の修正に追われ、徹夜続きであり、日曜のお昼12時に
「5時まで寝よう」と昼寝をしたら、起きたのが月曜の昼1時だったのである。
25時間の睡眠だったようだ。まだ藤井さんがいることを聞くと、
「ちょっと事務所を掃除して、4時くらいに伺います」
やって来たウネはややげっそりとしていたが、さほど変わった風ではなかった。
とある「設計の大先生」の下働きの仕事をしているが、
「あの先生とは、もう、一緒に仕事が出来ないかもしれません・・・」
その先生はまだ60代だが昔堅気の職人であり、キャドというコンピュータソフトが使えない。
手書きで原案の図面を描くが、大雑把であり、厳しくなっている図面審査には通らない。
ウネ達下働きの設計士たちがミスを見つけては修正し、基準をクリアするように描き直すのだ。
「ただ描く」のと「ミスを見つけ、修正し、描き直す」では労力が2倍、3倍になる。
そのくせその賃金は「こずかい」程度だと言う。
建設業界の体質は古いままなのだ。昔はそんな「徒弟制度」がまかり通っていたのだ。
今までウネは「もう辞める」と文句を言う皆をなだめ、先生には「時代が違う」と苦言を呈していたのだが、
どうやらそれも限界に来たようなのだ。
ウネが追求し続ける「夢とロマン」の前に立ちふさがる「現実」
「まあ、な・・・どの業種も似たようなものだけどな・・・」
大したアドバイスも出来ないが、藤井さんはそういう、自分とは違う世界の話を聞くのが大好きなのだ。
河岸を変えて「や起」で飲むことにする。飲む話は1秒で決まってしまう。
仕事・芸術・政治・上司のあんなことやこんなこと・・・話は尽きない。
「そういう話なら、僕にはこういう経験がある」
さすがに70年近く生き抜いている藤井さんの経験も半端ではない。
そこへ「お久しぶりです~~」と、大声を出してクンペイの父がやって来た。
「先生!クンペイの奴、物理ですべての問題の解答を書き、すべて間違えて0点でした!」
息子の将来を案じ、相当に悪戦苦闘しているようである。
夏休みに入り、放っておくと昼まで寝ていて家を出て行きもしない「ニート状態」を打開すべく、
「人間は起きて20分以内だと“二度寝”が出来るが、40分起きていると、もう寝ないらしい」
だから5時40分に出勤する自分の車にクンペイを乗せ、歩いて40分ほどのところで降ろすらしい。
ウネが呆れて言う。
「そこまでせんでええやろ。それは愛情と違うぞ!」
「い、いやウネ、それは間違いなく愛情なんだよ。けれど、親もどうしていいかわからないんだ。
 そう言う親は多いぞ。俺は1年中、そういう相談を受けているから・・・」

そんな話で、気がつけば12時。
「お前達も息抜きしないとな。俺は8月末に松本へ行き、鈴木さん達と飲むけど、
 どうだ?お前達も来ないか?」
藤井さんは大喜びだし、ウネもずいぶん乗り気になった。
とりあえず8月25日に行ってこようか。電車から眺める「木曽路」は悪くない。
心の洗濯になるだろう。
そういうわけで、とりあえず夏授業の予習。
6日間の授業展開を作っておくから、そ~りゃもう大変。
第一週が3コマ。第2週は「数C」までやることになり4コマ(8時間だ!)第3週は2コマ。
9コマで全108時間の授業を創り上げておかなくてはならない。そ~りゃあ大変。
写真展の合間を縫って中2を完了。数Ⅲと数ⅡもほぼOKかな?
数Cと中2の「平行と角」のプリント作り完了。
次は・・・明日だ!明日!今日はもう休んで、ビールにしよう。
塾長さんの仕事も、た~~いへん、なんだから・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR