FC2ブログ

ピッカピカの1年生

水曜にはヒナが、昨日はカリンとサキが、真新しい制服でやって来た。
毎年の事だけど、改めてハッとするねえ。襟や裾がピンとしてるもんね。
カリンは小学1年の時からジャージ姿しか見たことがなく、スカートは初めて見る。
へえ~、ちゃんと女の子なんだ。制服姿を見ると、確かに高校生、中学生に見える。
先週まではまだ中学生と小学生だったのにね。面白いものだ。
気も新たになるのか、ヒナの理解力が急速に伸びている。
ヒナは英語科だが、数学も校内でダントツの1位になりそうな感じがする。
康太は4回生でも、研究室ではやはりピカピカの新人。何をするのだろう?
カリキュラムを見ると、週に1回研究室教授の講義があるだけで、まだ研究には参加しない。
ひたすら夏の「院試」へ向けた勉強をする。しかも研究室の先輩、院生が指導してくれる。
4回生くらいだと、まだ知識が足りないんだろうね。
今のままでは使いものにならないから、研究は今年後期か院に入ってからでいいから、
院生が家庭教師状態で猛烈に勉強させ、とりあえず院に合格させるんだ。
そりゃあ・・・人気の高い院に、他大学から合格するのは、事実上不可能に近いね。
院試は確か受験番号だけで名前は書かないから、誰の答案かはわからず、純粋に得点で合否が決まる。
けれど・・・康太達5人の新人は、まだヒヨコとはいえ、校内のトップクラスですよ。
そういう連中が経験者の先輩に3ヶ月みっちりと指導を受けるんだから、他大学生はどうやって勝つ?
それはもう歴史に残るような天才が現れない限り不可能に思える。
かつてソウイチやキョウスケがそれをやったんだけど、いったいどういう勉強をしたんだろう?
人気のない院はまだ入りやすいが、二人が行ったところは比較的人気の高いところだ。
でも、だからこそ先輩達も「他大学生に負けたらアカンで!」と必死になるのだろう。
康太の研究室に、他大学生が割り込む余地はなさそうだ。
どこもが新学期に入った。私も気分が新たになっている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR