FC2ブログ

不思議な現象

今年の公立高校入試は莵道・東宇治・西城陽で定員割れし、下位校に人気が集まった。
人気の上下は昔からだが、ここ数年は下位校の人気が安定している。
中堅校の人気が下がり気味であり、京大入試は堀川の一人勝ちだ。
二極化がさらに進んでいるのだが、その内容が気になり始めた。
中堅校の莵道でも「すごく勉強させられる」と敬遠する生徒が増えているようだ。
いったい誰がそう言うのだろう?
そりゃあ勉強はするが高校生としては普通の勉強量であり、し過ぎているわけではない。
これは・・・英語が「中2・中3レベル」と同じ立場で見ているからではないだろうか?
勉強が嫌なら自分を活かせる商業科や工業科へ進む選択肢もあるが、その人気も落ちている。
大ざっぱに言えば「勉強しなくていい普通科」へ進みたがっているのだ。
少しは勉強したいから?それが中2レベルなら「まったく勉強したくない」と同じですよ。
勉強しなくてもいける大学がたくさんあるからそう言ってるのかな?
けれど、勉強は「どこかへ合格」するためにするのではないですよ。
NHKの「花燃ゆ」を見ればいい。松下村塾の時代には大学などなかった。
自分を高めるために学び、自分の生きる道を探すために学んだ。
学びの本来を忘れ、高校卒業時点で「8割が中3レベル」だと、今に日本は滅んでしまう。
莵道高校を「すごく勉強させられる」などと言う人は、自分で実態を調べてなどいない。
調べる能力もないほどバカになっているのかもしれない。
うちだって「賢い人が行く塾」と、敬遠されているようだ。これははっきりと、中身を知らない。
「自分は全然賢くないけれど、それほどバカでもないかもしれない」そう言う生徒だけが来ている。
しかし私はもう、そういう噂などどうでもよくなっている。昔からだけどね。
高校生なら高校生が学ぶべき事を、きちんと学ばせておこうとしている。
そもそも私は世の風潮の逆を行く癖がある。
「勉強だけしろ」と言われると、「他にもすることはいっぱいありますぜ」と言うし、
今のように「勉強したくな~い」と言われれば、「もっと勉強しろ」と言う。
松下村塾のような塾でありたいと思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR