FC2ブログ

体動の美

飛び跳ねるように、猛烈な速さで動く二人の後ろ姿を見ていた。
バックサイドにボールが来た。カリンの動きが一瞬、スローモーションのように見えた。
左腰が「ぐう~」っと上に持ち上がりバックハンドで打ち返す。その動きが何とも美しい。
ボールは再度バックに返って来た。素早く入り待っていたカンナの左腰が「ぐう~」っと上がる。
もちろん二人とも「このボールは左の腰を上げて打つ」などと考えてはいない。
単にボールに身体を寄せて力いっぱい打ち返しているだけなのだが、
よいボールが打てるからそうなのか、そのように動けるからよいボールが打てるのか、
理想的に動くスポーツ選手の一瞬の動作は素晴らしく美しい。見とれてしまうほどだ。
決勝までの5試合、カンナとカリンの手足の動き、身体のバランスはすべて美しかった。
そりゃあ優勝もするわね。
いつもそうなればいいのだが、相手が違うだけで、ちょっとした心理面の違いだけで、
突然出来なくなることも多い。その時には負ける。それが高レベルの難しさだ。
常にその美しさを表現しようと練習を繰り返し、心も鍛えようと人の話を聞き、書も読む。
もうカンナもカリンもそういうことが自分から出来るレベルに達しており、
それが出来る子と出来ない子では見える世界も違ってくる。
スポーツとは、肉体を借りて頭脳を競うもの。そういう面を忘れたくはない。
練習の質を上げるためにも、見える世界を広げるためにも、数学や語学は役に立つ。
ただ勝ちたいだけ、どっかに合格するだけではもったいない。
あれほど美しい体動を表現するためにも学びは欠かせない。だから学びは面白い。
どの子にもそういうことが出来るようにと、私はこの教室を続けている。
コウスケが母親と合格の報告、挨拶にやって来た。後ろに小さな影が二つあった。
弟と妹らしい。妹はまだ小学校にも上がってないんじゃない?母さんはにんまりと笑った。
「だから先生、元気に続けてくださいね」
ものすごいプレッシャーをかけて来たもんだ。まあ、動ける限りはお手伝いしますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR