FC2ブログ

もう1年

やはり真子は届いていなかった。
浪人などする気も、させる気もなかったけれど、今回ばかりはしょうがない。
高2の後半は出席日数をクリアするために学校へ行くだけで精一杯。
階段はおろか、少しの坂道を上がる事も出来ない。
京都駅の奈良線から嵯峨野線までは、端から端だから、階段もあってとても行けない。
もちろん最初の頃は車で送り迎えだ。
少し歩けるようになると地下鉄で二条駅へ行き、そこからJR太秦へ。
友達を見つけては階段で助けてもらった。慣れないウイッグも気になった。
今から思えばよく通えたもんですよ。
3年になって出席をクリアしたとたん、週に2日は通えなくなったもの。緊張が切れたんだね。
校内で一ケタだった成績は100番台にまでガタ落ち。
そこからどうやって立て直したのか私にもわからない。週に半分しか勉強できなかったから。
最終的には10番までに持ってきていた。信じられないですよ。
それでも「10回受けたら、3回受かるかな?」と言う程度だとは、私も真子もわかっていた。
京大の医学・薬学・物工あたりはレベルが高過ぎて、どう転ぶかわからない。
医学部の康太の友人が面白いことを言った。
「俺の場合合否は五分五分の力だった。それは例えば4年受ければ、どこかで2回受かるということだ。
 最初が1回目なら現役合格だし、3回目と4回目なら2浪と言うことになる。
 俺はたまたま2回目だったから1浪だったけど、現役の時と力は変わらなかった。
 4浪していてもたぶん、実力は五分五分のままだったと思う。五分五分とはそういうことだ」
なるほど・・・そういう高さなんだ。けれど真子はまだ、その高さまで行けてないと思う。
まだ勉強し切れてないとこがたくさんあるからね。それを取り戻さないと。
来週には学校の仲間5人でディズニーランドへ卒業旅行だ。ずいぶん動けるようになった。
少しゆっくりさせて、4月からは猛勉強開始だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR