FC2ブログ

ゲロむずの中期試験

土曜の卓球練習に引退した中3の2人がやって来た。
金曜に中期試験を終えて、後は発表を待つばかりだ。
「出来たか?」 「数学と国語が全然・・・」 そう、その2教科がとんでもなく難しかったのだ。
数学は大問6問。40分で半分出来るかどうか・・・
1はいつも通りの計算問題だが、(7)(8)の確率がややこしい。
2は連立方程式だが、ケーキ1個162円?プリンは108円、全部で2646円?
リアルすぎるだろ!普通、消費税は無視するもんだろうが。
計算が大変だがしかし、ここまででミスはしたくない。そうでないともう解く問題がない。
3は円周角と三角形の相似との融合問題。
(1)の角度を求めさせるのが軽くヒントになるのだが、それに気づく中学生がどれほどいるか。
4は三角柱に途中まで水を入れ、横に倒したときの水の深さを求める。
いい問題だ・・・数学オリンピックにでも出せばいい。
いくつかアプローチはあるが、私の方法だと中学生が扱えないような2次方程式になる。
卓球部の二人は静かに首を振る。できた生徒はほとんど皆無だろう。
5は2次関数のグラフ。
(1)の比例定数と直線の方程式は求めたいが、(2)の回転体の体積は面倒だし、
(3)の面積比は・・・そりゃあ中学の範囲ではあるけれど、授業でもほとんどやらないでしょ?
最後の6は碁石を並べて、まあ、よくある数列の問題だが、そもそも中学では扱わないし、
しかも例年と違って関係式が作りにくい。それだけで40分はかかりそうだ。
私は法則を見つけて書きだし、N=11を発見したけど、中学生二人は
「問題を見るまでに行かなかった」 時間切れになる。全員そうだろう。
1,2を完答して、半分の20点。あとは(1)だけでも答えて雑魚点を取れたかどうか。
「点数差がつくように」と難しくしたようだが、これほど難しいと差はつかない。
み~んな出来ないもの。国語も全員潰されているだろう。
英語・理科・社会でしっかり得点出来た者が勝ち残る。
ま、莵道や東宇治が「定員割れ」しているのがせめてもの救いか。
発表は16日。ひたすら待つしかない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR