FC2ブログ

コピー機を替える

教室のコピー機は7~8年前に買ったもの。当時の最新鋭機だ。
そんな上等なもの必要もなかったが、自分の腹が痛まない部下が勝手に買ってしまった。
ま、必要なものだから、買ってしまったものは仕方がない。せめて10年でも20年でも使おう。
そう思っていたら「コピー機は基本寿命が5年」らしい。冗談じゃないぜ、まだ十分に動いてるじゃん!
4年目くらいから「買い替えろ~」とセールスマンがうるさかったのだが、放っておくと、
「サポート終了が迫りました」とほざいて来た。
百数十万円も出してコピー機を買い取り、それでも1枚のコピーにつき4円ほどを支払う。
その代りトナーと言うインクなどの消耗品は無料で取り換えてくれるし、不都合も直してくれる。
そういったサポートを打ちきるというのだ。なんだそりゃあ・・・・・
わかった、コピー機を替えよう。ついでにメーカーも変えてやる~!
コピー機ってたくさんの会社が出している。京都でも京セラや村田製作所。
名前も覚えてないけど、テレビでも様々なメーカーが宣伝している。
さて、どこにしようか。こっちから連絡しないと来てくれないだろうな・・・
そう思っていると「コニカ・ミノルタですが」とお昼に電話がかかって来た。丁寧なおばさんの声だ。
「ふむ、ちょうどよかった、説明だけは聞くから来てくれ」
そう言うとそのおばさん驚いたように「いいんですか♪すぐに営業を行かせます!」
4時には25歳の男性セールスマンがやって来た。
若いが説明・対応がはきはきしていて、駆け引きをしようとしない。
年度末でノルマ達成のプレッシャーや値段のからくりなども全部話してくれた。
今度はリースにするから機械代はつく。けれどそれは買い取っても同じことは経験した。
問題はコピー料金だが、今は3円70銭から4円だが、一律1枚1円30銭になる。
「何だそりゃあ?3分の1じゃないか?」
「8年前より全体が安くなりました。たぶんそちらのメーカーも安くなってるはずですよ」
そんなことは一言も聞いてなかった。「わかった、君のところで契約する」
「ほんとですか!いやあ~電話勧誘のおばさんも喜びます!」
私がその代表だが、電話勧誘などけんもほろろに切ってしまう。すぐにだ。
だから1~2ヶ月その仕事をしても1件も取れないのが普通だという。
そのおばさん、大学生の娘が海外留学するので「足しにしよう」と研修を受け、
ほとんど最初に電話をかけたのが私だったらしい。なんというタイミングの良さだろう。
これは何か縁を感じるぞ。
値段なんてどこもさほど変わらないし、コニカはカメラの会社だからコピー映像はきれいらしい。
よし!そのおばちゃんに敬意を表して契約することにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR