FC2ブログ

お姉さん?

土曜の卓球練習に、カンナが二人の小さな女の子を連れて現れた。
おどおどした顔で私の前にやって来る。「あ、双子ちゃんじゃないか」
そう、フレンズに所属する京都市小学4年の双子姉妹で、試合でもよく見かける。
かなり強いんですよ、4年生以下の京都代表になるほどだから。腕を磨きに来たな。
さすがにカンナやカリンとは実力差があるが、他の黄檗中女子とではどうだろう?
やらせてみると、ほぼ互角。と言うことは、宇治市の女子中学生では勝てない。
小さな身体で懸命にボールを追いかけ、ミスをすると両手で頬を押さえ、しかめっ面をして悔しがる。
その仕草が何とも可愛い。
カリンが相手をする。京都府小学生チャンピオンに打ってもらえるのはめったにない。
時々「そのボールはこうやって打つ」と指導している。双子は目を輝かせている。
「お姉さんたちがあこがれで・・・」付き添ってきた母が言う。「お姉さん・・・?」
ずっと一番のチビだったカンナやカリンがお姉さんになっている・・・なんだか感無量。
お姉さんたちに相手をしてもらい、どんどん強くなっていく。カンナやカリンもそうだった。
自分もまだまだ強くなりたいのだが、そういう役割分担も学べるこの場は素晴らしい。
教室にも小さな子供が現れた。新中1の英語の授業だ。横山とは初対面。
リュウジは小6からの持ち上がりだが、ヒトシとアヤはまるで初めて。
3人ともドキドキした様子で入って来て、階段を上ってゆく。
フリースペースではたくさんの中学生・高校生が座っている。
3人にはまだ、彼らが何をしているのかもわからないだろう。しかしすぐにわかる。
お兄ちゃんやお姉ちゃん達は座って、学んでいるんだ。彼らも先輩を見てそうすることを知った。
この教室ではただ授業を受けるだけでなく、先輩達のそういう姿から多くを学んでもらいたい。
カリンもやって来る新中1の数学は木曜日。10人でスタートしそうだ。
さあ、やがては大きな流れとなる「最初の一滴」を流し始めよう・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR