FC2ブログ

誕生日

真子は木曜だけホームルームで学校へ行く。JRの時間を調べていて何気に、
「5日?お母さんの誕生日やな」・・・そ、そうか、ついつい忘れてしまう。ま、何回目かは言わない方がいいだろう。
私はぴったり2週間後が誕生日だ。てっきり60回目だと思っていたら、59回目らしい。
3月は康太の誕生日で、4月は結婚記念日。なんだかかたまっている。
4月で丸25年の結婚生活になるようだ。どうして女って、そういうことを良く覚えているのだろう?
私は生徒に「こんなことも忘れてるのか、どアホウ!」と怒鳴っているくせに、
自分の誕生日や歳すらすぐに忘れてしまう。私だけですか?世の旦那さんって、もっと良く覚えているものなのかな?
女房と京都駅前のホテルで初めて出会ったのが、丸25年前なんだ。それはよく覚えている。
「生徒は20人ほどいまして、月30万ほどの収入だから・・・食べてはいけるかと・・・」
そんな話や私の教育観の話を1時間半もしたっけ。
すぐに潰れてしまうかもしれない塾経営なのに、私の何を気に入ってくれたのか、結婚。
女房の実家が米屋さんなので、米はもらっても、朝から晩まで働いても、ギリギリの生活だった。
けれど教育にすべてをぶつけられて楽しかった。
康太が生まれ、真子が生まれ・・・海や野山によく遊びに行った。
貧乏でもやりくりすれば、時にはお泊まりの旅行もできた。絵にかいたような幸せだ。
私は仕事ばかりで、ほとんど「母子家庭」だったが、家に帰ると女房と子供が待っていてくれる。
そういう時に私は安堵感と幸福感を感じていた。だから全力で仕事が続けられている。
女房や生まれて来てくれた子供たちに感謝するばかりだ。
女房の、今日のバースデーケーキはあるのだろうか?
何かおいしいものでも、家族で食べにいかないといけないねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR