FC2ブログ

特別な新人

中2のクラスは今日から中3内容に入る。新テキストだ。そして、新人が一人やって来る・・・
「え?シュタイナー教室は、中3・高3は取らないはずでは?」
・・・ホ~~ホッホッホ、ごめんあさ~せ、しょせん個人塾、何でもありでござ~ますよ。
笑ってごまかすしかない。しかしジュンは2年前から卓球を見ている子だ。
中学から始めたのにメキメキ強くなり、今や京都府13位で黄檗中の第2エース。
後輩の誰よりもチビのカットマンだが、そのフットワークは流れるように美しく、
まるで軽やかなダンスを見ているかのようだ。ただし母ちゃんに言わせると、
「そうですか?音楽に合わせたダンスはまるでダメで、すごいオンチなんですよ」
そ、そうだったのか、何で卓球だけはあんなに滑らかな動きなんだろう?
英語は得意で、数学も兄の行っていた個人指導塾へ行っていたのだが、
大学生の「お兄さん先生」にいくら教わっても、だんだんわからなくなって来たのだという。
ありがちな話だねえ・・・数学の本質の、あちらこちらが飛んでいるのだろう。
「その問題の解き方」だけだとわからないんだよね。
中学では「その問題を解くための基本的な本質」を育てておいてやらねばならない。
そんなこと、今どきの大学生が知っているはずもない。
先週の土曜日に試合会場で、母ちゃんから「入れませんか?」とお願いされた。
確かに中3は取らないのだけど、あらゆるタイミングがよかった。
2年前からジュンを知っていたこと、中2のクラスが11人で、もう一人は取れること、
何より、今日から新テキストに入ること・・・
このクラスの数学への本質はとても温まって来ている。今にも爆発しそうだ。
最初は式の展開と因数分解だが、中1・中2の指数法則の復習から入る。
カッコのある・なしでの意味の違い、文字式のさわり方はどうだったのか?
中3の数学は内容を発展させつつ、今までの復習とまとめもやるのだ。
そこをうまくやれれば、高校の数学も、何も怖いところはなくなる。
偶然だけど母ちゃんは、ドンピシャリのタイミングで私に声をかけたのだ。
費用も説明しておいた。月に12000円、光熱・雑費が1000円で、月13000円。
「そ、そんなに安いんですか?!ぜひ行かせてやってください!」
これには私の方がびっくり。うちは内容からすれば高くはないけど、安くもないと思っている。
え?個人指導塾って、もっと高いの?内容からすれば、ぼったくりじゃないの?
まあね・・・進学塾で年120万円払っている子と、うちで数学だけで年15万円ほどの子と、
学力的にうちの子、負けてはいないけどね。
さあ、ジュンを迎えてホットな授業を使用。国語の宿題も出すことにしようか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR