FC2ブログ

試験と試合と

康太が高校卓球部の後輩を連れて土曜の練習にやって来た。康太は3年ぶりの卓球だ。
カンナやカリンの強さを聞き付けた後輩が、康太に頼んで連れて来てもらったらしい。
卓球を続けている後輩はいいとして、康太はボールが打てるのかな?
ところが・・・意外に打てる。週2回のボクシングのトレーニングで身体が動くからだ。
後輩はまだ強く、カンナを3-1で倒したが、カリンにはセットオールで負かされ、びっくり。
「これで小6ですか・・・めちゃくちゃ強いですねえ・・・・」
康太はカンナ・カリンには負かされたが、他の子には勝ち。楽しい時間を過ごせたようだ。
いつまでも、楽しめるスポーツ。スポーツの在り方としてはこれがベストだと思う。
ただ、現役の間は激しく勝敗を競うんだけどね。
日曜は府立体育館で京都小学生の、最後のランキング決定試合。
カリンとアカリちゃんがダントツに強く、共に一セットも落とさず決勝へ。
カリンが1・2セットを連取し、3セットも10-9のマッチポイントを握った。
しかし・・・そこからまさかの逆転負け。ベンチで泣きながら上着を着る姿が痛々しい。
マッチポイントでさすがに勝ちを意識し、身体が硬くなってしまった。
悔しいけれど、ま、これもスポーツの良さ。何事も経験だ。
1・2月は毎週のように大きな大会がある。気持ちをすぐに切り替えなくてはならない。
高3は・・・この土・日がセンターテスト。ベンチで泣くことがあってはいけない。
そのために厳しく、激しく鍛えて来た。今朝もユウカとミユが「座敷童子」している。
試験では、今からはクールダウンの時期だと私は思っている。
この3年間の全部が問われるわけで、今を焦っても仕方がない。
明日は最後のセンター数学の授業。いつも以上に粛々と問題を解くだけだ。
教師はもう、何もしてやれない。生活リズムを整えてやるのが精いっぱい。
「どうか、力を出し切れますように」
“苦しいときだけ”の神だのみをするだけだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR