FC2ブログ

初めて髪を切る

病気から1年半、髪の毛がすっかり抜けてから1年、真子の髪の毛はずいぶん伸びて来た。
横や後ろは長く伸びたが頭頂部は伸びが遅いのか、そこで分けるからそう見えるのか、少し薄く見える。
バランスが悪いので「少し切って、整えたら?」と言ってはいたが、髪は女の命とか・・・
せっかく伸びて来たのに惜しく思うのか、真子は切ろうとはしなかったが、昨日ようやく自分で切った。
へえ~、散髪屋へ行かないで、自分で切れるんだ。後ろの髪を7センチほども切ったようだ。
襟足がきれいにそろって、逆に髪が増えたように見える。
横や後ろはまったく普通の状態。地肌が透けることもない。
後は頭頂部の密度が増せば病気以前と同じになるだろう。
若い頃の髪なんてすぐに伸びるから、元どうりになるのも速いかと思ったけど、
根元から抜け落ちた髪は思うほどすぐには戻らなかった。時間はかかるねえ。
けれどここまで戻れば、もう時間の問題だろう。
日曜に朝から晩まで「センタープレテスト」を受けて来て力尽き、月曜は学校を休んだ。
火曜から期末テストだが、当日の朝まで真子は試験科目を知らなかった。
どの教科を、何教科のテストがあるのかも知らないのだ。もう、入試だけを見ているのだろう。
期末テストの勉強はしなくても落第点は取らない自信もあるのだろうが、康太もあきれている。
真子の中では様々な感情が渦巻いている。
高校3年間で正味2年しか勉強できなかった焦り。
きちんと勉強できていればもっと余裕で受験できたのにと言う悔しさ。
浪人してしまったらという不安・・・それらすべてがすごいプレッシャーになって体調が悪くなる。
私や家族はなるべくのんびりと声をかけ、見守っている。
あれほどの大病をして、成績をここまで持って来ただけでもたいしたものだ。
誰にも出来ることじゃあないよと、毎日のように言っている。
そもそも1年留年することも考えたほどだから、やるだけやって、ダメなら浪人でもいい。
昨日はお昼に帰って来たから、やはり授業がない康太も入れて、久しぶりに家族でランチ。
水をもらうついでもあるから鶏せい本店へ行く。真子は「鶏カツドン」を平らげた。
プレッシャーがないとけっこう元気なのだ。これなら期末テストは気にしない方がいいかもね。
2次本番まで3ヶ月ほど。しっかり食べて、しっかり受験勉強し、たっぷり休む。
元気に笑うことが出来れば、それで十分な日々を送らせよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR