FC2ブログ

卒業の準備

今日から12月。卒業の準備にかからなくてはならない。
小6は今月3回の授業で終了。そのまま卒業し、1月・2月は冬休みで、3月から中1に。
先週から入試問題で全体のまとめをやっているが、8割ほどはしっかりと解ける。
後の2割は「小6が解かなくてもいい」問題なので、ま、全部解けるということだ。
そりゃまだ「おっかなびっくり」で問題を触ってるけど、大切なところはきちんと押さえられたと思う。
「算数を正しく入れておく」ことは、実は、その後の中学・高校にも影響する。
点数評価など一度もしなかった。純粋に「それはどういうことか」だけを見て来た。
点数に気が行っちゃうと、どうしても算数・数学を見る目が曇るんだよね。
アサト・リュウジ・マホ・カリン・サキは算数と国語だけをやって来た。
点数の取り方など何も知らないが、受験塾でバリバリやった子に、少しも引けを取らないと思う。
小学算数もとても大切なのだけど、この5人で小学生はおしまい。もう小学生は取らない。
やった方がその後が楽なんだけど、体力的にきつくなった。今後は中学からだ。
高3センター数学も今月で終了。1月の2回はサービス残業だ。
中3も今月3回の授業で全範囲を終了し、冬期講習で過去問研究に入る。
うちの教室では1年・2年はたっぷり冬休みだが、3年だけ希望者だけ冬期講習をやる。
高3はほとんどやらなかったセンターテスト・マーク対策。
中3も高3も5回ほど過去問をざっと解くと、本来の力は育てて来たので、一気に点数も伸びる。
そのためにギリギリまで中身を鍛えて来たんだから。
2次で数学を使わない文系の子は、センター終了と共に数学は卒業。
ただし受験が終わるまで教室で勉強するのは、まったく自由。
中3は1月・2月を入試問題研究に明け暮れ、そこで卒業。中3はけっこうあわただしい。
3月の合格発表を見届けるや、すぐに高1の授業が始まる。ホッとしている暇もない。
ゆっくりさせてやりたいが、本格的な数学の始まりだから、仕方ないんだよね。
卒業準備と共に受け入れ準備もやらなくてはならない、そういう時期になって来た。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR