FC2ブログ

スポーツ事情

大阪オープン・名古屋オープンの代表と、都道府県対抗戦の団体メンバーを決める大会が行われた。
土曜は中学生、日曜は小学生の卓球大会だ。どちらもベスト8がオープン京都代表になる。
中学生の大会ではカリンも小学生ながら参加し、ダブルスで堂々の3位、
シングルではカンナ・ジュン・リナ・カリンの4人がベスト16に進出した。
ジュンとリナは惜しくもそこで敗れ代表権を逃したが、カンナが6位で代表になり、
カリンは準々決勝で強豪の一人を倒し、ベスト4に入った。ものすごい。
ただ、ダブルスも含め試合数は10試合を超え、ついに体力が切れ、そこで敗退。
これほどバテたカリンを見るのは初めてで、日曜の試合に影響してしまった。
翌日は小学生の選考会。カリン・アカリ・アイ・コトの四天王がダントツに強い。
オープンの代表は問題ないが、狙うのは都道府県対抗の小学生代表の2名枠。
他の3人はなぜだか中学の大会には出てこなかった。体力を考えたのだろう。
カリンに影響は残っていた。足が昨日のように動かない。一晩では回復し切れなかったのだろう。
それでもセットオール・ジュースの大激戦を繰り広げ、見ている大人たちを感動させるも、
今年初めて3人に負かされ4位になってしまった。
ま、仕方ない。今年は1年間ずっと3人を泣かせて来たのだから、泣かされることだってある。
私はそれほどがっかりもしなかったが、周りの指導者たちや親たちが気を使ってくれた。
「ものすごい試合だったね、これはお金が取れるよ」
「カリンちゃん、うちの強化練習会に連れてこないか?あれだけ強いと、その資格がある」
アイのおじいちゃんは福知山から見に来られていた。
「試合がものすごいので、途中から勝敗はどうでもよくなったよ。4人とも強い。
 これからもずっと京都にいてくれて、こんな試合を見せてくれないかなあ・・・」
そう、おじいちゃんの心配通り、これほど強くなると他府県の強豪校に引き抜かれることがあるのだ。
京都の中学・高校で全国制覇を狙えるチームがないからだ。
それどころか京都市内の中学だと部員不足で卓球部のないところも多い。
黄檗中学ですら、部員が足りなくなるといつでも廃部にさせられるらしい。
別にこっちは全国制覇なんて狙ってもなく、ただ卓球が出来ればいいだけなんだけどねえ。
私立も人気のある野球とサッカー以外はなくしていく傾向にある。
「この娘達のやるゲームを見続けたい」
せめて公立は、おじいちゃんたちの願いを叶えるようにしてほしいものだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR