FC2ブログ

過去問を解く

大学の過去問集「赤本」は受験生の必須アイテムだ。受験生は必ず買うし、本屋にずらりと並ぶ。
値段はだいたい2000円ほど。
けど、7年分あって京大は1900円なのに、3年分しかない大阪市立大が2100円なのはなぜだろう?
昔はもう少し高かったね。医学部の赤本なんか6000円もしてびっくりしたことがある。
20年ほど前は貧乏だったからね、赤本なんて買えやしない。
高校生に頼んで学校にある赤本の問題をコピーして来てもらったものだ。
年数が経って卒業生が置いてってくれるから、今ではほとんど困らなくなった。たまに京大を買うくらい。
おやあ?大阪市立の去年の赤本がある。ダイスケが置いてってくれたんだ。
理系と看護系の問題が前期・後期3年分ずつある。全部で6回分。
さっそくコピーして、問題を解くのは数Ⅲ・センター数学の授業中だ。
何しろ今の時期は生徒に過去問を解かせるだけだから、私は暇。一緒に私も問題を解く。
理系の問題はさすがに解き方の構想を練らなくてはならない。でもそれは楽しい時間だ。
内容は難しくもないのに、計算力だけを問うような問題は「うざい」ねえ。
私立大なんかは時間内にはとうてい解けないようなつまらない問題もある。
そんな時は「ここから先は解かなくていい、つまらん」と解答に書くこともある。
苦手なジャンルもある。京大の「整数問題」だ。時々出してくる。ややこしいんだねえ、これが。
私も高校生も整数問題に慣れていないから。経験不足なんだよね。
どうしても解けない時には「賢い生徒よ、解説を見て理解せよ」と書く・・・ごめん。
それに比べて文系や看護系は数Ⅱ・Bまでだから、さほど考えなくてもどんどん解ける。
昨日は大阪市立の看護系の問題を60分ほどで仕上げた。90分の問題だけど、それくらいで解ける。
こうやって私の過去問ストックはどんどんたまっていく。来週はどれを解こうかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR