FC2ブログ

ウオーキング

最近左足の外側に軽いしびれを感じた。「やっぱり・・・運動不足かな?」
2週ほど前に天気もよかったので、何年振りだろう?ウオーキングを再開した。
教室から木幡小の前の通りへ出て、東宇治高校の方へ歩いていく。
テニスコートのところへ来たら右折。トコトコと歩くと右側は山林だ。
ところが!木がなぎ倒され、ブルドーザーやパワーショベルで開発を始めている。
すごい広さだ。ちょっとしたマンションなら、3つや4つは建つだろう。
「山がなくなっていくねえ」などと思いながら峠を下り、どんどん下りてくると秋岡産婦人科の前だ。
そこから教室か自宅へ帰る。時間にして20分ほど、2キロはあるだろうか。
午前と午後の2回歩くと、けっこう汗をかいたりもする。効果はてき面で、しびれが取れ指先に力が入る。
しかし嫌だねえ、こういうことをしないと体調の維持が難しくなっている。
授業でものすごいパワーとエネルギーを使うけど、主に頭と精神エネルギーだからね。
それも学年が下がるほどに消耗は激しい。だから小学生は今年で終わり。
卓球を教えているカリンとサキが来ると言うので「これで最後」と続けた。
この二人は日曜に滋賀まで試合に行って来た。
行ってみると他府県からの選手もたくさん来ていて、かなりのレベルになっていた。県代表選手もいる。
そんな中カリンはAリーグで9勝1敗、サキはBリーグで10勝1敗で、それぞれ優勝。
卓球はびっくりするくらいに強くなったけど、勉強は、ま、ぼちぼち。それは他の3人も同じ。
マホはどうやら顔見知りが強いらしく、初めの頃は表情が硬かったが、今ではすっかり馴染んだ。
年頃になったら「強面」になりそうなリュウジだが、性格は正反対。真面目で気が優しい。
勉強には根拠もなく自信を持っていたアサトだが、少しずつ「奥の深さ」に気付き始めている。
5人ともごく普通の小学生で、与えられたものはそれなりにこなす。
けれどまだ「わかる」と言う感覚がよくわからない。それもまた、ごく普通だ。
面積の復習をした。面積は平行四辺形で約束されているとすればわかりやすい。
平行四辺形の底辺と高さをかけたものを「広さ」と約束する。
どんな三角形でも台形でも、同じもの二つで平行四辺形になる。だから面積はその半分だ。
いくつか平行四辺形を描かせ、そのことを確認すると、5人ともびっくりした顔をしている。
小学生って「2で割る」ことが「半分にする」ことだということも、よくわかっていないからね。
そういう何げないことが「わかるという感覚」を育てるうえで重要なことなんだ。
この5人はよくぞ小学校から来てくれたし、他のどの子にも必要なことだけど、体力が続かない。
適当に見るだけならいくらでも出来るが、それはもう私ではない。プライドが許さない。
ウオーキングを続けて、せめて中学・高校生をしっかり見れるようにしたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR