FC2ブログ

屋久島の風景

大阪だか兵庫の空港から屋久島へは直接行く。
空港に降り立つと、風以外の音がないような雰囲気だったという。
村には食堂兼お土産屋はあるが、コンクリートの建物など一つもなく、
植物の葉っぱか何かを屋根にした小屋もあったらしい。
宿から縄文杉までは歩いていくのだが、特に道らしい道はない。意外だった。
どこでも板を並べたり階段を作ったりしているものだが、そんなものはない。
所々に赤いペンキだか布で「こっちだぜ」と言うような印があるだけだ。
苔むした岩だらけのところをよじ登っていく。途中雨の音もしたが、木の密度がすごく濡れなかった。
ほとんど人と会うこともなく縄文杉の展望台に到着。
樹齢6000年とも7500年とも言われる縄文杉はけた外れにでかかった。
杉ならどこでもそんなに長寿かと言うと、屋久島だけが例外なのだという。
屋久島だけが他の杉でもかなり長寿なのだ。
他には80mの滝があったり、温泉に入りに行ったり、楽しみはいっぱいあったようだ。
宿の食事はトビウオや鹿肉がおいしかったらしい。びっくりしたのはデザート。
キウイ・マンゴー・スターフルーツ・ドラゴンなんとかとか、宿主が庭から採って来る。
普通に、勝手にそこらになっているから、好きに採って食べるのだ。たくさんなっている。
お土産にはポンカンだかの果汁が餡に入ったモナカ。おいしい。
自分ではまるで高麗ニンジンのように見える、小さな木の苗を買って来た。
杉ではない。名前は聞いたが忘れた。時々霧吹きで濡らし、大事そうにしている。
「でかくなったらどうすんだ?」「何十年もかかるから、大丈夫」 なるほど。
高校時代の仲間二人と、感動的ないい旅だったようだ。
さて、今日から後期授業の開始。あいにくの雨だが、小6と数Ⅲからだ。
ゆっくり休ませてもらったから準備は万全。気合を入れて始めよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR