FC2ブログ

申し訳ないけれど

中2は「平行と角」に入り、同位角や錯角、三角形の外角定理などが徐々に見えてきた。
アユもカンナに頼ることなく、自力で図を見つめている。
ヨシヤは必要のない角まで全部書きこんでいるが、繰り返すほどに簡素になるだろう。
思考の始動が遅く時間ばかりかかったノリユキも、ずいぶん手が速くなっている。
少しずつ自信も出て来たのか、ホケ~っとした「アホ面」でなく、引き締まった顔になっている。
シュンヤ、イクト、アリサも、失敗を修正する力が強くなってきた。
『もう少しだ・・・もう少し・・』
そんなときにチサは下痢が止まらないのか休んだし、もう一人のアリサは
長崎の慰霊祭だかなんかの旅行が当たったとかで長崎まで出かけてしまった。
さあ~て、どうしたもんかねえ・・・時間をかけて少しずつ挽回するしかないねえ。
中1方程式の「整数論」は大誤算。位の数の処理がどうしてもまとまらない。
何度説明しても、どれだけ例題を出しても、数式の処理に戸惑っている。
結局2時間、それだけで終わってしまった。ま、多くの授業には、そういうこともある。
ただ一人「無人の野」を行くかのように解きまくるのはユカ。
どんどん処理してしまうので、まだ説明もしない問題をやらせても、どんどん解いてしまう。
どうしてこの娘はこんなに賢いんだ?もう方程式を「理解」してやがる。
まだ処理もおぼつかない子に限って「明日、休みます」だ。どうしろってんだい!
しかし・・・ま、そういう様々な個性を、それなりに育てていくのがこの教室の仕事だ。
そういう仕事をさせてもらえないで「受験だけ面倒みろ」なんて、まっぴらだ。
中3だけどとか、高3ですとかいう依頼がやたらに来る。
昨日は「高2です」という、見知らぬ男の子がすう~っと教室に入って来た。
申し訳ないけれど・・・高2も今からだと育てる時間が足りなくて、取るのは嫌だ。
もう8年も何の宣伝もしていないうちの教室だから、誰かに聞いて問い合わせてくるんだろうけど、
どうせならうちが「どういうとこか」を聞いてほしいな。昨日の男の子も、
「今からだと受験のお手伝いをしろということだろ?それなら他のどの塾でもやってるから、
 そこでやってもらえないか。この子らは中2だけど、こういうガキを育てるのがうちの仕事だ」
そう言って、名前も行っている高校も聞かず、帰ってもらった。断るときはいつもそうだ。
申し訳ないね、せめて出会いが1年前だったら取って上げられたけど・・・
私は職人だ。ずいぶんへたくそな職人だけど、「育てる職人」なんだ。
受験のお手伝いは短時間で出来るのかもしれないけれど、育てるのは時間がかかる。
大学は・・・ものすごい大学へ行くけれど、育てた結果であって、受験のお手伝いをしたわけではない。
カリンの父ちゃんじゃないけれど、私もまた、そういうことをいくら説明しても、わかってもらえない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR