FC2ブログ

指導者が嬉しい時

小学生の卓球全日本選手権が金曜から日曜まで3日間、神戸で行われた。
小学生は三つのクラスに分かれている。
1・2年が「バンビ」、3・4年が「カブ」、5・6年が「ホープス」と名付けられている。
カリンはバンビの頃から京都予選に出ているが、万年3位で「2位まで」の代表権は得られず、
今回ホープスで初めて1位となり出場権を得た。
京都からは2人だが、基本的に3人が代表になると考えていい。
予選は3人一組になり、各都道府県の1位が一番上に、2位・3位がそれに続き配分されている。
だから名前の順番を見ただけで都道府県の何位かはすぐにわかる。
カリンのゾーンはもちろんカリンの名が一番上に書かれ、2番目が山形、3番が島根の選手だった。
「う~む、島根には勝ちたいけど、山形は・・・どうかなあ・・・」
県のレベルが高いと出場枠も多く、山形からは8人が出場している。相当強そうだ。
調べてみると一つ年下の5年生で山形県4位。
去年も「カブ」に出場し、予選も突破してかなり勝ち上がった選手だ・・やばあ~い!
初日は入場行進など開会式がど派手に行われ、カリンは島根の選手との1試合だけ。
ガチンガチンに緊張したカリンは身体が動かず負けそうになったが、辛うじて勝ち切ったらしい。
さて、山形の選手とは翌日だが、カリンも家族もそんな事は知らなかった。
2試合だからその日で終わり、負かされて帰って来るものと思っていたのだ。
慌てて近くのホテルを取り、翌日に備えた。
硬さが取れたのか山形の選手にはストレート勝ちし、決勝トーナメントに進んだ。
1回戦はてっきり和歌山の1位かと思っていたら、3番枠の山梨の選手が上がって来た。
そう、カリンも負けそうになったくらい、全国大会で枠順はあてにならない。
カリンはそこでもストレート勝ちし、2回戦は外シードの兵庫の選手。
近畿チャンピオンの選手でカリンは何度か対戦し、いつも2-3で負かされていた。
今回は相手も研究して来たらしく、1-3で負かされ、全国ベスト64で終わった。
けれど大満足。全国大会で「1つ勝つ」のは、大変なんですよ。
3つも勝てたのは嬉しかったけれど、私が一番嬉しかったのはそれじゃあない。
会場には京都予選でカリンに負かされ、出場できなかった「アイちゃん」が応援に来ていた。
会場でカリンを見つけると走り寄り、
「試合前にしっかり練習せんなあかんな。練習相手いる?おらん?ほな、私が相手したるわ」
試合前の練習相手を務めてくれた。アイちゃんもカリンも京都の強豪。
試合で負けては泣かされ、勝っては泣かしてきた間柄だ。
はげしい戦いはいつの間にか信頼と尊敬を育み、深い友情に育てる。
「私が相手したるわ」 そういう友達がこの大会でもたくさんできた。
私は、スポーツでも勉強でも、そういう話を聞く時が一番嬉しい。
はげしい戦いを繰り広げるからこそできる「かけがいのない友達」を、たくさん作る。
カリンはこれから先、中学でも高校でも、近畿や全国大会で、
「や、久しぶり。あんたも勝ちあがって来たん?練習しよか?」
と言える友達はたくさんいるだろう。なんという幸せな子だろうと思う。
試合に勝っても負けてもあまり表情の変わらないカリンだが、
土曜日に帰って来ていつもの練習に来たカリンの顔はにっこりと、輝いていた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR